[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
労働経済論
Labor Economics 
 担当者
 Instructor
准教授 小川 浩  後学期 火曜日4時限/木曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、労働市場における問題解決能力を身につけるためのベースとして設定した本講義の到達目標は以下の3点です。

(1)わが国の労働市場での非正規、高齢者、若年者、女性の働き方について理解する。
(2)社会保障、雇用制度の関係について理解する。
(3)皆さんがこれから実際に労働市場で直面する事態に対応するための考え方を身につける。

なお、本講義では「経済情報処理I・II」および「ミクロ経済学」で扱う知識はあるものと仮定しますので、可能な限り本講義履修前にこれらの科目を履修しておくことを推奨します。なお、各回の準備問題でその回の講義で必要な部分は確認しますので、準備問題を解いた上で必要に応じて復習してから授業に参加してください。

 
授業内容
概要:労働経済学は、就業・失業・労働時間・賃金などのさまざまな側面から「労働」という特殊な財について分析・検討し、問題の解決方法を探る応用経済学の一分野です。

授業の構成:労働経済論Ⅱでは、実際のデータをまず見た上で、その現象がどのように生じているかを理論的に分析するという構造で授業を進めます。
 
授業計画
各回の講義内容は一応次のように予定していますが、時間の関係や時事的トピックの追加で若干前後する場合もあります。

1. シラバスの確認・労働経済学では何を学ぶか
【予習】労働経済と労働法についてまとめておくこと。
【復習】労働経済と労働法について周辺科目における関連事項と併せて確認しておくこと。

2. 日本的雇用慣行
【予習】終身雇用と年功賃金と企業内組合について調査しておくこと。
【復習】終身雇用と年功賃金と企業内組合について周辺科目における関連事項と併せて確認しておくこと。

3. 日本的雇用の変容
【予習】メンバーシップ型雇用と雇用ポートフォリオについてまとめておくこと。
【復習】メンバーシップ型雇用と雇用ポートフォリオについて講義中に示した理論や知見を身近な事例に当てはめて考察してみること。

4. パートタイム労働者とその処遇
【予習】パートタイム労働者と同一労働・同一賃金について整理しておくこと。
【復習】パートタイム労働者と同一労働・同一賃金について講義中に示した理論や知見を身近な事例に当てはめて考察してみること。

5. パートの基幹化
【予習】パートタイム労働法と基幹労働力について調査しておくこと。
【復習】パートタイム労働法と基幹労働力について周辺科目における関連事項と併せて確認しておくこと。

6. 派遣労働者
【予習】派遣と請負について整理しておくこと。
【復習】派遣と請負について講義中に示した理論や知見を身近な事例に当てはめて考察してみること。

7. 非正規労働者と職業訓練
【予習】OJTとOff-JTについて整理しておくこと。
【復習】OJTとOff-JTについて周辺科目における関連事項と併せて確認しておくこと。

8.若者の働き方
【予習】フリーターやニートについて調査しておくこと。
【復習】フリーターやニートについて、講義中に示した理論や知見を身近な事例に当てはめて考察してみること。

9.女性の働き方
【予習】男女雇用機会均等法と育児・介護休業法について調査しておくこと。
【復習】男女雇用機会均等法と育児・介護休業法について周辺科目における関連事項と併せて確認しておくこと。

10.女性のキャリアと非正規雇用
【予習】マミートラックについてまとめておくこと。
【復習】マミートラックについて周辺科目における関連事項と併せて確認しておくこと。

11.外国人労働力
【予習】外国人実習制度と単純労働者について整理しておくこと。
【復習】外国人実習制度と単純労働者について講義中に示した理論や知見を身近な事例に当てはめて考察してみること。

12.高齢者の労働市場
【予習】健康と就業について調査しておくこと。
【復習】健康と就業について周辺科目における関連事項と併せて確認しておくこと。

13.退職給付と高齢者就業
【予習】退職給付と年金について整理しておくこと。
【復習】退職給付と年金について講義中に示した理論や知見を身近な事例に当てはめて考察してみること。

14. これからの雇用制度のありかた
【予習】メンバーシップ型雇用とジョブ型雇用と社会保障について調査しておくこと。
【復習】メンバーシップ型雇用とジョブ型雇用と社会保障について講義中に示した理論や知見を身近な事例に当てはめて考察してみること。
 
授業運営
 授業の構造は以下の通りです。特に注がなければ、以下の1, 2, 4の作業は全てTeamsで行います。準備問題+予習+確認問題、復習+練習問題で計4時間程度の自己学習を想定しています(※0)。

1. 授業資料を見るにTeamsで課している各回の「準備問題」を解く。準備問題の目的は「これは知らないとその回の授業の内容を十分に理解できない」前提知識の確認です。
2. 授業資料を見る。この配付資料は授業中に手元で参照可能なことを前提として授業を行います。
3. 確認問題を解く。配付資料などを参考に確認問題を解きます。質問は4のZoomでの解説授業で受け付けます。確認問題の点数は評価に用います。
4. Zoomでの解説授業をうける。確認問題のチェックを通して資料を説明します。
5. Zoomでの解説授業後に、復習として練習問題を解きます。練習問題の目的は「その回の内容を理解したか」を確認することです。最終的に理解すれば問題ありませんから、配付資料や授業中のノートなどを見ながら解けます。この点数は評価に用います
・実際のデータを毎回扱います。「経済情報処理II」で学ぶ程度には Excelが使えることを前提として講義内容・問題は構成しています。「経済情報処理II」を履修していない人は、経済情報処理のサイトを見て水準を確認しておいてください。
・質問がある場合は、疑問が生じた時点ですぐ質問してください。講義の流れより疑問を全員で共有できる方が重要です。
 (※0)授業に関係する連絡は全てTeamsで行います。定期的に確認してください。

 
評価方法
 評価は確認問題と練習問題による平常点、および期末のレポートを総合して行います。詳細は以下の通りです。
・平常点
 上述の通り、原則として授業時間前の確認問題と授業時間後の練習問題を課します。各回の確認問題と練習問題のそれぞれについて、正解割合から10点満点に換算した点数(端数は切り上げ)を計算します(つまり、各回の最大は確認問題10点、練習問題10点で計20点)。このように計算した各回の得点の合計を、さらに100点満点となるように調整して評価に用います。この得点をT(0~100点)とします。
・期末レポート
 40点満点で採点します。この得点をRとします。
・総合評価
max(T, min(T+R, 60))を評点とします。

 
オフィスアワー
火曜の昼休みを原則の時間としますが、ZoomのミーティングIDを連絡しますので事前にメールで予約してください。

 

参考書
 脇坂 明『労働経済学入門』[日本評論社]2011
 太田聰一『若年者就業の経済学』[日本経済新聞出版社]2010
 樋口美雄(編著)『女性たちの平成不況』[日本経済新聞社]2004

 
 
 
[前へ戻る]