[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
公共経済学
Public Economics 
 担当者
 Instructor
講師   斎藤 英明  前学期 金曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が、政府の経済活動はどのようなものか、また政府の経済活動が企業、家計、市場へどのような影響を与えるのかについての理論的背景を学ぶことを目標とする。その中で、本講義では、市場が上手く機能しない状況を中心に学ぶ。また、本講義に関連した現実の問題も取り上げ、専門的理論のみならず、幅広い経済知識、教養が身につくことも目標としている。
 
授業内容
 本講義は、下記の教科書に沿って公共経済学の基本的理論分析を学ぶ。本講義を理解するためには、ミクロ経済学の知識が必要であるため、最初の7回はミクロ経済学の復習に当てる。
 
授業計画
01.ガイダンス
 ・授業の進め方,履修するうえでの注意点.
 ・公共経済学とは何を対象にした学問か.
 【予習】シラバスを熟読しておきましょう.(1.5時間)
 【復習】履修するうえでの留意点を確認し,心構えをしましょう.(3時間)
02.経済学のルールを復習しましょう.
 ・稀少性,トレード・オフ,機会費用,限界,インセンティブ,取引,見えざる手,
 ・政府の介入,生産性,インフレーション,失業,情報の非対称性
 【予習】具体例に書いてあるそれぞれの用語を調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】それぞれの用語で例文を作れるようにしましょう.(3時間)
03.家計の満足度を考えてみましょう(1).
 ・無差別曲線と予算制約線の意味
 【予習】無差別曲線の形状を確認しておきましょう.(1.5時間)
 【復習】無差別曲線と予算制約線の意味を復習しておきましょう.(3時間)
04.家計の満足度を考えてみましょう(2).
 ・需要曲線の導出.
 【予習】需要曲線の性質を確認しておきましょう.(1.5時間)
 【復習】無差別曲線,予算制約線,需要曲線の関係を復習しておきましょう.(3時間)
05.企業の満足度を考えてみましょう(1).
 ・生産関数と利潤関数の意味.
 【予習】企業の目的を確認しておきましょう.(1.5時間)
 【復習】生産関数と利潤関数の意味を復習しておきましょう.(3時間)
06.企業の満足度を考えてみましょう(2).
 ・供給曲線の導出.
 【予習】供給曲線の形状を確認しておきましょう.(1.5時間)
 【復習】供給曲線のシフト要因を復習しておきましょう.(3時間)
07.市場取引を通じた家計と企業の満足度を考えてみましょう.
 ・消費者余剰と生産者余剰.
 【予習】余剰の意味を確認しておきましょう.(1.5時間)
 【復習】租税の効果を復習しておきましょう.(3時間)
08.市場が上手く機能しない状況を考えてみよう.
 ・完全競争市場が成り立つ条件.
 ・公共財の性質と分類.
 【予習】完全競争市場とは何か調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】公共財と私的財の違いを整理しましょう.(3時間)
09.政府が財やサービスを供給する理由を知りましょう.
 ・民間経済で公共財が供給されない理由.フリーライダー.
 ・公共財の最適供給量.サミュエルソン条件.
 【予習】フリーライダーとは何か調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】公共財を政府が供給しなければならない理由を整理しましょう.(3時間)
10.政府がどのように公共財を供給するのかを観察しましょう.
 ・リンダール・メカニズム
 【予習】リンダール・メカニズムについて調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】政府による公共財供給のメリット・デメリットを説明できるようにしましょう.(3時間)
11.政府が供給することに問題は無いのか考えてみましょう.
 ・政府供給の問題点.
 ・地方公共財の供給.分権化定理,足による投票.
 【予習】地方公共財にはどのようなものがあるか調べてみましょう.(1.5時間)
 【復習】足による投票の現実的妥当性を考え,説明できるようにしましょう.(3時間)
12.財やサービスが他者に影響を与えるときに,何が起きるか観察しましょう。
 ・外部経済,外部不経済.
 ・コースの定理,ピグー税とピグー補助金.
 【予習】外部性とは何か調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】外部経済,外部不経済の違いを整理しましょう.コースの定理の現実的妥当性を考えておきましょう.(3時間)
13.知らないことがあるときに何が起こるのか考えてみましょう.
 ・情報の非対称性.
 【予習】情報の非対称性について調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】情報の非対称性による効用への影響を復習しておきましょう.(3時間)
14.前期授業を振り返り,復習しましょう.
 ・第2回~第14回の復習.
 【予習】前期の授業で何を学んだか改めて総復習しておきましょう.(1.5時間)
 【復習】それぞれの授業を振り返り,試験に備えましょう.(3時間)
 
授業運営
 講義は基本的にPowerPointを使用する。各自ノートを用意し、適宜、メモを取ることを推奨する。授業運営の詳細については、初回の講義にて改めて説明するが、授業時に資料を「dotCampus」にアップするので、受講生各自でダウンロードおよび持参すること。また、別途講義内容を復習する必要がある場合、確認問題もここにアップする。
 当然であるが、私語など他の受講者の妨げになる行為は慎むこと。
 
評価方法
 定期試験(70%)および授業内評価(30%)によって評価する。詳細に関しては、初回の講義にて説明するので出席すること。
 なお、前期末に実施される筆記試験の解説も「dotChampus」に掲載する。

 
オフィスアワー
基本的に、質問などは講義終了後に受け付ける。
 
使用書
毎回の授業プリントを「dotChampus」にアップロードします。
参考書
適宜講義中に紹介します。
 
 
 
[前へ戻る]