[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
現代会計学
Modern Accounting
 担当者
 Instructor
准教授 小川 淳平  後学期 火曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本授業の目標は、受講者が①会計学の基礎的な考え方、知識、および分析⽅法を習得すること、②会計学の視点から現在の経済的・社会的な問題を理解し、自ら考える力を習得することです。
経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い,企業・会計コースの会計系科目について入門から応用まで体系的に学修できるカリキュラムとなっています。本授業は基礎知識を補強・展開する中級科目であり,財務会計論,管理会計論,国際会計論などの科目に関心がある方は,本科目の履修をお勧めします。

 
授業内容
現在起こっている経済的・社会的な現象を、会計学の視点から観察し問題解決をはかるための能力を身に着けることを目的としています。そのために、ディスクロージャー、コーポレート・ガバナンス、会計不正、監査、M&A、国際会計、租税回避、および金融危機等に関する論点や具体的な事例を取り上げて検討します。現在の新型コロナウィルス感染症拡大下の諸問題についても扱っていきます。
はじめに会計学に基づく考え方や分析方法を提示し、それぞれの問題点や論点を解説したうえで、その問題の背景や本質、さらに解決方法などについて考えましょう。
 
授業計画
受講者の関心やあらたな時事的問題の発生どにより、講義の内容・進み方が変更されることもあります。
授業終了後に、取り扱ったテーマについて他の文献やウェブを利用してさらに情報を収集し、考え方や論点などを整理することが望ましいです。予習・授業・復習を通じて、知識や技能がより定着します。予習・復習合わせて毎回4時間ほどの自己学習を想定しています。

1.イントロダクション︓会計(学)とは(目的・主体・時間)
2.会計情報の作成︓利益
[予習]利益の意味,種類,および計算方法について調べる。
3.会計情報の作成︓価値・測定
[予習]企業価値の意味および計算方法について調べる。
4.情報の利用︓ディスクロージャー(資本市場と会計)
[予習]会計情報が資本市場でどのように利用されるのかを考える。
5.情報の利用︓コーポレート・ガバナンス(組織と会計)
[予習]コーポレート・ガバナンスの用語の意味を調べ,新聞等で関連する記事を読む。
6. 情報の利用︓経営者のインセンティブ
[予習]経営者の裁量的行動について考える。
7.情報の利用︓会計不正
[予習]会計不正事例について新聞等で関連する記事を読み,会計不正が生じる要因を考える。
8.監査︓監査の社会的な役割と限界
[予習]公認会計士の社会的機能を調べ,監査に関するニュースについて新聞等で調べる。
9.国際会計︓IFRSの基本的な考え方
[予習]IFRSについて新聞等で関連する記事を読み,会計基準をめぐる世界的な動向を調べる。
10.国際会計︓日本のIFRS任意適⽤企業
[予習]IFRSを適用している日本企業に関する情報を新聞等で調べる。
11.国際会計︓M&Aと会計
[予習]企業結合・M&A時における会計の役割について考える。
12.銀行の会計
[予習]銀行のビジネスモデルや収益構造や日本銀行の現在の政策について調べる。
13.国際税務の問題︓租税回避
[予習]グローバル企業の租税回避行動について,新聞等で関連する記事を読む。
14.金融危機と会計
[予習]近年の金融危機の概要や要因について考える。
 
授業運営
(1)授業は、オンタイム型授業(ZOOM)で行います。
(2)Microsoft Teams上でレジュメや資料を事前に提供しますので、授業開始までに入手してプリントアウトしてください。
(3)その他各種の連絡は、おもにTeamsで伝達します。

 
評価方法
(1)授業中の課題(小レポート、リアクションペーパーなど)で評価します。
(2)課題が複数回未提出の場合は評価の対象外とします。


 
オフィスアワー
質問・相談などがあればメールで受け付けます(ft101965oh@jindai.jp)。
また、ZOOMでも質疑に応じますので、その場合もメールで個別に日時を調整します。
 

参考書
斎藤静樹『企業会計入門』[有斐閣]2016年
石川純治『揺れる現代会計』[日本評論社]2014年

 
 
 
[前へ戻る]