[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
連結会計論
Consolidated Accounting
 担当者
 Instructor
講師   岡村 勝義  後学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 この講義の到達目標は、受講者が、企業のステークホルダーへの会計情報の提供を目的とする財務会計の主要な領域である連結会計の基本的な考え方や仕組みを理解できるようになることである。この講義を履修し学習することによって、具体的には、(1)なぜ連結財務諸表が必要とされるのか、(2)連結財務諸表の連結範囲がなぜ問題とされるのか、(3)連結財務諸表作成における特有の会計処理はどのようなものであり、連結財務諸表における特有な表示項目にはどのようなものがあるか、などを受講者が理解できるようになる。
 経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、本科目は、会計諸学科目の中にあってより専門的な科目と位置づけられてくるので、本科目を履修する前に基礎簿記、基礎会計および財務会計論を履修しておくことが望ましい。

 
授業内容
 現在の大企業(親会社)は、傘下に多くの企業(子会社等)を抱えつつ、グループ全体を一体化させて活動を展開している。このような状況の下で、親会社1社だけの活動成績だけで、企業の業績を評価すると誤ってしまうことがある。このため、親会社の業績評価のためには、傘下企業を含めた情報が必要となる。このような要請から「連結会計」が生まれた。
 この講義では、グループ企業の業績を全体としてまとめた「連結財務諸表」は、どのような情報を、どのような考え方によって載せるのか、そしてそのような情報は、どのように利用されるかを取り上げる。このような連結財務諸表を巡る問題を扱う領域は「連結会計論」と呼ばれる。企業を対象とした連結会計の考え方は、近年、政府や地方自治体、大規模な非営利組織にまで適用されつつある。この意味では、連結会計論を学ぶ意義は大きい。
 連結会計論は個別企業の会計を前提にして組み立てられている。このために、連結会計に先だって、個別会計の考え方や会計基準等を理解する必要があるので、連結財務諸表作成に特に関係する個別会計の領域を取り上げつつ、連結会計特有の基本的な考え方を取り上げていく。この講義を履修する前に、特に「財務会計論」を履修していることが望ましい。
 
授業計画
 授業は授業回に示した内容で進めるが、時間の関係や進行の状況に応じて授業内容が前後することがある。また新聞記事等を利用して時事的な問題を必要に応じて授業に取り入れることがあるので、順序がズレることがある。配布プリント中心の授業を行うので、授業に先立ち、配布プリントの該当する部分を予め読み、各授業回ごとに示してある予習課題等を予習し、わからない用語等について調べておくことが必要である。授業後には、講義内容を含めて配布プリントを読み返し、予習課題に関するポイントを確認し、それでもわからない部分は自ら調べたり質問等をすることによって補っておくべきである。このような予習・復習は合わせて約4時間の自己学習を想定している。
 会計の知識はそれぞれの授業内容を積み上げるようにして身につけるものであるから、予習や復習を怠ると、授業の内容が途端にわからなくなる。授業計画は全14回の内容をカバーする前提で、12回で実施する。授業計画の詳細等は、第1回のガイダンスのときに説明する。

01.ガイダンス・連結会計論で何を学ぶか
   シラバスの記載事項を説明した後に、連結会計論で何を学ぶのかについて理解する。
02.連結財務諸表と関連諸法令-金融商品取引法上の連結財務諸表制度(1)-
   金融商品取引法上の連結財務諸表制度、会社法上の連結計算書類、法人税法上の連結納税制度について学ぶことになるが、ここでは主として金融商品取引法上の連結財務諸表制度について学ぶ。【予習】第1回授業で取り上げた連結会計の必要性を復習した後に、金融商品取引法(金商法)上の連結財務諸表制度の展開を整理する。
03.連結財務諸表と関連諸法令-会社法上の連結計算書類と法人税法上の連結納税制度(2)-
会社法上の連結計算書類、法人税法上の連結納税制度について学び、金融商品取引法上の連結財務諸表制度との関係を学ぶ。【予習】会社法上の連結計算書類の種類を整理しつつ、金商法上の連結財務諸表との違いをまとめる。さらに法人税法上の連結納税制度を整理する。
04.連結財務諸表と連結範囲
   連結財務諸表の作成原則、連結範囲と子会社・関連会社(支配力基準・影響力基準)について学ぶ。【予習】連結財務諸表作成における一般原則をまとめる。子会社の判定基準としての支配力基準と、関連会社の判定基準としての影響力基準を整理し、その違いについてまとめる。
05.連結財務諸表の基本的作成手続と、個別企業の会計-資金調達の会計(1)-
   連結財務諸表の基本的作成手続を理解した後に、連結貸借対照表作成の基礎を理解するために、「純資産」に関係して株式会社の設立、資本金の計算、払込資本の分類について学ぶ。【予習】連結財務諸表の基本的作成手続を整理する。会社設立の手続を整理してのち、資本金の計算についてまとめ、それに関係させて払込資本の概念をまとめる。
06.個別企業の会計-資金調達の会計(2)-
   稼得資本と株主資本の分類、純資産の内容、資本の部と純資産の部との違い、純資産の部の表示について学ぶ。【予習】稼得資本の分類について整理し、株主資本の分類をまとめる。これを行った後に、純資産の構成要素を整理し、連結貸借対照表上の純資産の部の構成の特徴をまとめる。
07.個別企業の会計-金融投資の会計(1)-
   会計上の有価証券とその分類、保有目的分類と評価基準、売買目的有価証券の評価について学ぶ。【予習】有価証券の分類から会計上の有価証券を整理する。会計上の有価証券の保有目的別分類とそれに対応する評価基準を整理し、このうち売買目的有価証券の会計処理および評価についてまとめる。
08.個別企業の会計-金融投資の会計(2)-
   その他有価証券の評価、子会社株式と関連会社株式の評価、包括利益と連結財務諸表におけるその表示について学ぶ。【予習】その他有価証券の評価と評価差額の会計処理について整理し、評価差額と包括利益の関係についてまとめる。さらに子会社株式と関連会社株式の評価についてまとめる。
09.連結貸借対照表の特徴-資本連結等(1)-
   連結貸借対照表と資本連結、のれんとのれんの会計処理について学び、例題を通じて完全子会社における資本連結等について理解を深める。【予習】連結貸借対照表作成における特有の手続である資本連結の考え方を整理し、のれんとその会計処理についてまとめる。
10.連結貸借対照表の特徴-資本連結等(2)-
   子会社の資産・負債の時価評価、不完全子会社の資本連結(非支配株主持分)の会計処理を学び、例題を通じて不完全子会社における資本連結等について理解を深める。【予習】子会社の資産・負債の時価評価がなぜ必要かをまとめ、不完全子会社の資本連結における非支配株主持分の考え方とその会計処理についてまとめる。
11.連結損益計算書の特徴-内部利益控除等(1)-
   連結損益計算書作成のための会計処理、連結会社相互間の取引、実現主義と未実現利益、未実現利益の消去方法としてのダウン・ストリームについて学び、例題を通じてダウン・ストリームにおける内部利益控除等について理解を深める。【予習】連結損益計算書作成において必要となる具体的な会計処理を整理し、債権・債務等の連結会社相互間の取引の消去をまとめる。実現主義と未実現利益の内容を整理し、未実現利益の消去方法としてのダウン・ストリームをまとめる。
12.連結損益計算書の特徴-内部利益控除等(2)-
   未実現利益の消去方法としてのアップ・ストリーム、非支配株主に帰属する当期純利益について学び、例題を通じてアップ・ストリームにおける内部利益控除等について理解を深める。【予習】未実現利益の消去方法としてのアップ・ストリームをまとめ、それに関係して非支配株主持分と非支配株主に帰属する当期純利益に関する会計処理を整理する。
13. 関連会社等の連結
   関連会社の判定基準としての影響力基準を再確認した後、持分法と持分法による会計処理、持分法による投資損益に影響するケースについて学び、例題を通じて関連会社等の連結について理解を深める。【予習】第3回で学んだ影響力基準を復習し、持分法が関連会社等の連結になぜ適用されるかについてまとめる。持分法による会計処理を整理し、持分法による投資損益に影響するケースをまとめる。
14.連結財務諸表の全体像
   連結貸借対照表と連結損益計算書との関係、連結株主資本等変動計算書の役割、それを含めた連結財務諸表の全体的な関係について学ぶ。【予習】連結貸借対照表と連結損益計算書との関係を整理し、連結株主資本等変動計算書の役割をまとめる。連結損益計算書、連結貸借対照表および連結株主資本等変動計算書の関係を整理する。

 
授業運営
 授業計画において示したように、配布プリントを中心にして授業する。時間の余裕があれば、連結会計に係わるトピックスも必要に応じて取りあげる。授業はオンタイム型授業(ZOOM)で行う。授業の進行に合わせて講義の区切りのよいところで、小テストまたは小レポートを実施する。小テストまたは小レポートについては、授業の中で解説する。

 
評価方法
 平常評価(小テストまたは小レポートの評価)を総合的に評価し、それを最終評価とする。評価方法については、ガイダンス時に説明する。毎回の授業内容は前後に密接に関係しているので、授業の欠席は単位取得を困難にすることを言い添えておく。

 
オフィスアワー
 今学期はオンライン授業であるため、メールで受け付ける。アドレスは以下のとおり。pt121356qt@jindai.jp

 

参考書
齋藤真哉編『ニューベーシック連結会計』[中央経済社]2013年
桜井久勝・須田一幸『財務会計・入門』第12版[有斐閣]2018年
他の参考書や文献等は講義内容に応じてその都度案内する。
 
 
 
[前へ戻る]