[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
西洋経済史
Western Economic History 
 担当者
 Instructor
准教授 佐藤 睦朗  前学期 火曜日1時限/金曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
 
到達目標
 西欧世界での市場経済および資本主義の歴史について学ぶ本講義の到達目標は、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、以下の3点となります。(1)8世紀半ばから18世紀後半までの西欧世界における経済・市場の歴史の概要について説明することができるようになる。(2)8世紀から18世紀半ばにかけて形成された「西欧型市場経済」の特徴について説明することができるようになる。(3)経済や市場の在り方に「市場を支える秩序」の視座から考察する態度を修得する。
 なお本講義では、経済学科現代経済専攻の専攻基本科目(2018年度以降入学者)・経済学科の学科基本科目(2017年度以前入学者)である経済史I・IIで扱う知識はあることを前提としますので、可能な限り本講義履修前にこれらの科目を履修しておくことを推奨します。


 
授業内容
 本講義では、下記の使用書(テキスト)の第1章から第12章までを範囲として扱います。8世紀から18世紀末ころまでの西欧世界での経済・市場の歴史の流れについて、主に使用書に沿って解説するとともに、使用書ではふれられていない、「イングランド型」に代表される「西欧型市場経済」と非西欧世界での「市場」の在り方との間の比較考察を行います。履修者は、使用書の内容だけでなく、使用書に書かれていない応用的な内容も理解する必要があります。


 
授業計画
 dot.Campusに公開している毎回の資料をダウンロードしたうえで、オンライン講義を聴く前にその配布資料と使用書の各回の該当箇所を予習として読むようにしてください。使用書の章順になっていない場合や1回で2章分を扱う場合などもありますので、留意してください(括弧内は、使用書の該当章を示しています)。また、上記の「授業内容」でもふれているとおり、使用書に記載がない事項についても解説をします。また、復習では、配布資料の内容を整理するなかで、西洋経済史の伝統的な学説と近年の学説との相違点、及び「西欧型市場経済」の特徴について整理するようにしてください。そのうえで、講義内容をまとめて小レポートを作成して、dot.Campusに提出するようにしてください。なお、オンライン講義聴講時間以外に、予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定しています。

01. シラバス内容の確認と西洋経済史の課題(第1,2章) 【予習項目】共同体・国家・市場の関係性
02. 西欧世界における「封建社会」の成立(使用書30-32頁) 【予習項目】「ピレンヌ学説」の概要
03. 封建領主制と農村共同体(第3章) 【予習項目】「封建社会」の定義
04. 中世ヨーロッパ商業の展開(第5章)【予習項目】中世西欧世界における国際商業の発展の概要
05. 中世都市共同体・ギルドの経済論理(第4章) 【予習項目】中世都市成立の概略・「ギルド(ツンフト)」の意味
06. 封建社会の動揺と近世国家の成立(第6章・第7章1節) 【予習項目】14~15世紀西欧世界における変容の概要
07. 16世紀のヨーロッパにおける経済成長(第7章) 【予習項目】「拡張の16世紀」の意味・スペイン経済の盛衰の概要
08. 「危機の17世紀」(第9章1節、第10章1~3節) 【予習項目】「危機の17世紀」の意味・オランダ共和国発展の概要
09. 18世紀の西欧における「重商主義」(第10~11章)【予習項目】18世紀の英仏の経済成長・「重商主義」の定義
10. 18世紀の英仏独の比較考察(第8章、第9章2~4節、第11章)【予習項目】「プロト工業化」論と「市民革命」論の概要
11. 工業化の制度的基盤(第12章)【予習項目】「下からの工業化」論および「産業的啓蒙主義」の概要
12.「市場を支えた秩序」の比較考察【予習項目】西欧世界の「重商主義」の特性

※不足する2回分(オンデマンド教材で補足)
13. 16~18世紀のヨーロッパ農村社会とプロト工業(第8章、第9章2~4節)
14. 総括:「西欧型市場経済」の特徴

 
授業運営
 毎回配布資料を使用しますので、dot.Campusから該当回の資料をダウンロードして、使用書とともに手元においてオンライン授業を聴講するようにしてください。配布プリントに講義の重要事項のかなりの部分が記載されていますが、一部はプリントで省略されていていたり、全く記載がないこともあります。このため、必要に応じて、講義中に授業内容をきちんとノートにとるようにしてください。
 毎回の聴講後に、短いコメントシート(小レポート)を作成して、dot.Campusに必ず提出するようにしてください。また、これとは別に、2回の課題レポートが出されます。
 
評価方法
 毎回のコメントシート40%、2回のレポート課題60%で成績評価を行います。課題の要求にきちんと答えている部分を加点評価していきます。ただし、無断引用や他人のものを書き写したレポートが提出された場合には、大幅減点とします。参考までに、2019年度の成績評価(金曜2限)の結果(成績評価対象者:204名、定期試験のみで成績を評価)は、秀10.8%、優12.3%、良15.2%、可32.4%、不可29.4%でした。
 
オフィスアワー
 今期は全てオンライン授業ですので、対面での質問受付ができません。このため、主にメールでの質疑応答とします。具体的な方法およびメールアドレスについては、初回講義の際にお伝えします。
 
使用書
馬場哲・山本通・廣田功・須藤功『エレメンタル欧米経済史』[晃洋書房]2012
※遅くても第3回目の講義からは使用書を持参していることを前提に講義を進めます。なお、使用書のISBNは、978-4-7710-2340-6、です。
参考書
奥西孝至・鴋澤歩・堀田隆司・山本千映『西洋経済史』[有斐閣アルマ]2010
『社会経済史学の課題と展望』[有斐閣]2002
小野塚知二『経済史:いまを知り、未来を生きるために』[有斐閣]2017
各回の主な参考書については、講義資料のなかで提示します。
 
 
 
[前へ戻る]