[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
流通論
Market Distribution 
 担当者
 Instructor
准教授 八ッ橋 治郎  後学期 火曜日4時限/水曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が、①流通や商業(メーカー・卸売業・小売業)の現在について知ること、②これからの流通と商業(eリテイル・国際化・流通政策)について知ること、を通じて現代流通を考える力を身につけることである。
 
授業内容
 私たちが日々の生活を送るためには、さまざまな側面において企業との結びつきが必要である。この企業と消費者をつなぐ活動が流通であり、流通活動の中心的な役割は商業者が担っている。生産-流通-消費という活動が円滑に行われることによって、一人ひとりの消費者は自給自足では得られない豊かで多様な暮らしを実現できている。
 しかしながら、流通や商業が果たしている役割については十分に理解されているわけではなく、さらに多くの誤解が含まれている場合もある。この講義では、小売業・卸売業・メーカーといった企業の活動と消費者の暮らしという観点から、流通や商業の理論と現実について理解することを目的としている。

 ・流通論Ⅱでは、流通論Ⅰで学んだ基礎理論を前提に、現実的な流通・商業の動きを扱う。
 ・流通論Ⅰ・Ⅱを継続して受講することが望ましい。
 
授業計画
 各回の講義内容はつぎのように予定しているが、進行状況により前後する場合もある。
 テキストを読んだ上で出席することを前提に講義するので、予習として、①各回の該当頁を予め読んでくること、②わからない用語等について自分なりに調べてみること、の2点が不可欠である。
 また復習として、講義時に示した理論や知見を身近なケース等にあてはめて考察してみること、および、周辺科目(経営学、マーケティング等)における関連項目についても学んでおくことを勧める。なお、予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。

1. ガイダンス/シラバスの記載事項について確認する。
  流通論とはどういう学問か、ならびに学習の仕方等をつかむ。【予習】事前に流通に対する関心をもって望むこと。
2. システム革新と流通・商業(第4章1節)
 【予習】第4章1節を読み、流通・商業と情報システム化についてまとめておくこと。
3. 物流システムとロジスティクス革命(第4章2節)
 【予習】第4章2節を読み、物流のシステム化について整理しておくこと。
4. 進展する流通チャネルの再編成 (第5章1・2節)
 【予習】第5章1・2節を読み、流通チャネルの再編成について整理しておくこと。
5. メーカーのチャネル戦略転換(第5章3・4節)
 【予習】第5章3・4節を読み、メーカーのチャネル戦略について整理しておくこと。
6. 激変する小売業(第6章1・2節)
 【予習】第6章1・2節を読み、小売業の変化について整理しておくこと。
7. 飛躍する新業態 (第6章3・4節)
 【予習】第6章3・4節を読み、小売業態の変化について整理しておくこと。
8. 新問屋無用論と卸売業 (第7章1・2節)
 【予習】第7章1・2節を読み、卸売業の変化について整理しておくこと。
9. 機能強化に向けた卸売業者の取組み(第7章3・4節)
 【予習】第7章3・4節を読み、卸売業の機能強化について整理しておくこと。
10. これからの流通と商業(第8章1節)
 【予習】第8章1節を読み、ネット通販市場の成長について整理しておくこと。
11.時空間を超えるニュービジネス(第8章3節)
 【予習】第8章3節を読み、ネット通販の特徴について整理しておくこと。
12.eリテイルの特徴(第8章4節)
 【予習】第8章4節を読み、ネット通販の展望について整理しておくこと。
13.流通活動空間の広がり (第9章1・3節)
 【予習】第9章1・3節を読み、流通の空間的拡大について整理しておくこと。
14.流通の国際化(第9章4・5・6節)
 【予習】第9章4・5・6節を読み、流通の国際化について整理しておくこと。
 
授業運営
 すべて講義形式による。
 講義中の私語、および教室への無用な出入りを禁ずる。
 日経MJ(流通新聞)、日本経済新聞、ならびに新聞、雑誌、TV番組などを利用し、流通や商業の新しい動きをとらえてほしい。

・遠隔授業の種類:リアルタイムの授業(時間割の時間に開始)
・使用するツール:Zoom、およびオフィス365の各アプリ



 
評価方法
 課題レポート及び授業内試験などの結果に基づいて評価する。
 出席状況は評価の対象としない。
 
オフィスアワー
 金曜日昼休み、1号館6階602研究室。
 
使用書
 原田英生・向山雅夫・渡辺達朗『ベーシック流通と商業[新版]』[有斐閣(有斐閣アルマ)]2010年

参考書
 宮沢永光監修『基本流通用語辞典』改訂版[白桃書房]2007年
 和田充夫・日本マーケティング協会編『マーケティング用語辞典』[日本経済新聞社(日経文庫)]2005年

 
 
 
[前へ戻る]