[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
流通論
Market Distribution 
 担当者
 Instructor
教授   浦上 拓也  前学期 金曜日3時限/金曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、本講義は流通やマーケティング関連科目の基礎的な知識を学ぶ役割を持つものであり、到達目標は次の通りである。
①わが国における多様な流通活動の実際を理解する。
②多様な流通活動、また流通活動の変化を理解するための理論や考え方を身につける。
③上記の①と②を通じて、実際の流通活動を自分自身で観察し、考察・評価できるようになる。
なお、本講義と流通論Ⅱの内容は関連しているので、流通論Ⅱも継続して受講することが望ましい。


 
授業内容
全ての商品は、流通活動によって生産から消費に至る。流通活動がうまく働かないと、市場経済は円滑に機能しない。
流通活動全体は、小売業・卸売業・メーカーといった流通機関が、商流(仕入れ・販売)活動・物流活動・情報活動といった活動をそれぞれに分担して成り立っている。流通論Ⅰでは、流通機関ごとの基本的な活動と発展の経緯を理解する。外部環境や他流通機関の変化に適応して、各流通機関はそれぞれの活動を変化させている。できるだけ企業の事例を取り上げながら、基本的概念と理論を学んでいく。

【実務経験のある教員による授業科目】
民間の調査会社での実務経験から、メーカーと小売業の活動や仕組みなどその現状を伝え、理解をより深められる授業を展開する。
 
授業計画
各回の講義内容は次のように予定しているが、進行状況により前後する場合もある。
予習・復習に関しては、どちらかと言えば復習をしっかり行ってほしい。復習は参考書の関連する部分を、まずはしっかりと読むことである。参考書には、授業で取り上げなかった概念や問題も出てくるが、それらを含めて理解しようとすることで、より深い理解につながる。また、企業の事例等を描いた書籍や新聞・雑誌の流通関連記事を読んだり、テレビ番組の流通関連特集などを見たりして、興味の持てる内容から知識を増やしていくことも1つの学習方法である。
なお、予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。参考書を継続的に読み進めるとともに、実際の小売業を視察し、理論と現実を重ね合わせながら学習してほしい。
参考書は、参考書欄に3冊記載しているが、それ以外は次のものである。
・石井淳蔵・嶋口充輝・栗木契・余田拓郎(2013)『ゼミナールマーケティング入門』日本経済新聞。
・流通経済研究所編(2008)『インストア・マーチャンダイジング』日本経済新聞。
・岸本徹也(2013)『食品スーパーの店舗オペレーション・システム』白桃書房。

1回 ガイダンス、流通論の基本的な枠組みについて
 シラバスについて確認し、授業の概要を理解する。そして、流通論の基本的な枠組みを理解する。
2回 流通論の基本的な枠組み 流通活動、流通機関について
 流通活動の要素である、商流活動、物流活動、情報活動の基本的な内容について理解する。小売業、卸売業、メーカーという流通機関の基本的な活動の違いについて理解する。
【復習】流通活動について、渡辺・原・遠藤・田村(2008)のunit2などを読む。流通活動あるいは流通機能は、論者によって分類や内容が異なるが、基本的な活動から理解する。
3回 マーケティング活動とは
 流通活動とマーケティング活動の違いを理解する。
【復習】石井・嶋口・栗木・余田(2013)の1章などを読み、マーケティングの基本的な考え方やマーケティング・ミックス(4つのP)を理解する。
4回 小売業の分類、小売業のマーケティング活動 ①品揃えと仕入れ活動
 小売業の分類概念である業態・業種について理解する。小売業のマーケティング活動として、その品揃えを形成する活動について理解する。
【復習】小売業の業態・業種については、渡辺・原・遠藤・田村(2008)のunit11などを読む。品揃え形成活動については清水・坂田(2012)の第5章などを読み、実際の活動を理解する。
5回 小売業のマーケティング活動 ②品揃えと売場づくり
 小売業の売場づくり活動である陳列や演出の内容、また基本的な理論を理解する。
【復習】清水・坂田(2012)の第6章、流通経済研究所編(2008)の1・3・4章などを読み、陳列にも理論があることを理解する。また、スーパーなどの売場を見て、学んだことを確認してみる。
6回 小売業のマーケティング活動 ③価格とプロモーション
 小売業の価格設定やプロモーション活動の基本的な活動を理解する。
【復習】清水・坂田(2012)の第10・11章などを読む。また、小売業が実際にどのようなプロモーション活動を行っているのか調べてみる。
7回 小売業のマーケティング活動 ④店舗立地と販売方法
 小売業の店舗立地や販売方法の基本的な活動と理論を理解する。
【復習】清水・坂田(2012)の第12章などを読む。また、小売業の実際の店舗立地や出店戦略を調べてみる。
8回 小売業の動向と業態発展
 わが国小売業の構造変化、および業態発展の概要を理解し、その変化・発展を理解するための理論を学ぶ。
【復習】渡辺・原・遠藤・田村(2008)のunit3・11などを読み、業態発展論(業態発展の仮説)を理解する。
9回 卸売業の構造変化と役割
 わが国卸売業の構造変化、および流通活動全体における役割を理解する。
【復習】卸売業の役割については渡辺・原・遠藤・田村(2008)のpp.10-12など、卸売業の活動全般については渡辺・原・遠藤・田村(2008)のunit14・15・16などを読む。卸売業は、常に「卸売業不要論」という批判にさらされている。「卸売業不要論」について考えてみる。
10回 卸売業の流通活動
 厳しい環境下で成長を続けようとする卸売業の活動について理解する。
【復習】12回目と同じ文献。新聞等で、大手卸売業の動向を調べてみる。
11回 メーカーのチャネル活動
 自社製品を消費者に届けるメーカーのチャネル活動について理解する。
【復習】石井・嶋口・栗木・余田(2013)の第3章など、渡辺・原・遠藤・田村(2008)のpp.83-88などを読む。メーカーは新しいチャネルを常に模索している。どのようなチャネルがあるか考えてみる。
12回 メーカーのチャネル活動と流通系列化
 チャネル活動の特徴の1つである、流通業者を組織化する流通系列化について理解する。
【復習】石原・竹村(2008)の第9章などを読み、流通系列化が行われなくなった理由を考えてみる。

次の内容については、資料配布と、受講者との質疑応答により指導を行う。
<小売業の店舗運営>
 小売業のマーケティング活動を支える店舗運営について、店舗主導型と本部主導型の違いを理解する。
【復習】清水・坂田(2012)の第7章などを読み、スーパーのバックヤードで行われていることを理解する。興味があれば岸本(2013)の第4・5章を読んでみる。
 
授業運営
配布資料によって授業を進める。具体的な進め方は1回目の授業で説明する。

 
評価方法
毎回、オンラインテスト、あるいはレポートを課す。
提出された全ての内容を総合的に勘案して評価を行う。
 
オフィスアワー
授業終了後、ドットキャンパスの機能で、質問等を受け付ける。
 

参考書
石原武政・竹村正明(編著)『1からの流通論』[碩学舎]2008年
清水信年・坂田隆文(編著)『1からのリテール・マネジメント』[碩学舎]2012年
渡辺達朗・原頼利・遠藤明子・田村晃二『流通論をつかむ』[有斐閣]2008年

 
 
 
[前へ戻る]