[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
地理学(含地誌)
Geography (Incl. Topography)
 担当者
 Instructor
教授   平井 誠  後学期 月曜日6時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本科目の目的は、履修者が地理学・地誌学の考え方を習得することである。対象地域として取り上げる日本の地誌に関する学びを通して地理学・地誌学を理解することである。本学のディプロマ・ポリシーに掲げられた「新しい時代に必要とされる専門的かつ体系的な知識」を得ることを目的とする。
 
授業内容
 地理学は系統地理学と地誌学に大別される。本講義は、日本という地域を自然環境、人口、経済活動など様々な視点から検討する。
 
授業計画
 主要な内容は以下の通りである。
 ただし,履修者の関心や高校までの地理学の学習状況により適宜変更する。
 本科目の予習・復習には、参考図書にあげた『日本総論Ⅰ(自然編)』(朝倉書店)、『世界地誌シリーズ 日本』(朝倉書店)の該当する部分を読むことが重要である。さらに、新聞報道等に常に留意し、日本各地の自然環境や経済環境に関する最新動向を把握することが望ましい。予習・復習あわせて各回あたり約4時間を想定している。
1 ガイダンス:地理学と地誌学 
2 日本列島の成立
3 日本の地形
4 日本の気候
5 日本の自然災害と防災
6 日本の人口①人口増減と分布
7 日本の人口②人口構造の変化
8 日本の産業①1次産業
9 日本の産業②2次産業
10 日本の産業③3次産業
11 地誌学からみた日本の都市
12 地誌学からみた日本の観光
13 地誌学からみた日本の環境
14 まとめと再考
(各回の授業内容は履修者の関心や高校までの学習状況に応じて調整する場合がある。)

 
授業運営
・遠隔授業で行う。授業の方式(Zoom,オンデマンドなど)はWebStationの「お知らせ」で通知するので,毎回必ず確認すること。
・地図帳(中学・高校で使用したものでよい)を手元に置き,講義で取り上げた場所を確認しながら受講することが望ましい。
・教科書は指定しないが、理解を深めるために『世界地誌シリーズ1 日本』(朝倉書店 2011年)を入手し予習復習に用いることを推奨する。
・日本の基礎的事項(47都道府県の名称・位置・県庁所在都市・主要な山脈・河川)に関して復習しておくこと。

現時点では、
【遠隔授業の種類】は ライブ授業
【使用するツール】は Zoom および Teams(講義資料配付)
を予定しているが、各回の授業の形式や方法は
WebStationのお知らせで通知するので,必ず確認するように


 
評価方法
 評価は,平常点(小レポートや課題の評価)および期末レポートによる総合評価である。配分は、平常点が約40%、期末試験が約60%である。
 期末レポートに関する詳細は,講義やWebStationを通じて連絡する。
 
オフィスアワー
遠隔授業のためメールで受け付ける。
m-hirai@jindai.jp

 
使用書
配布資料を用いる。
参考書
『世界地誌シリーズ1 日本』[朝倉書店]
『日本の地誌(全10巻)』[朝倉書店]
講義時に紹介する.
 
 
 
[前へ戻る]