[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
基礎会計
Elementary Accounting
 担当者
 Instructor
講師   岡村 勝義  後学期 水曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 この講義の到達目標は、講義科目「基礎簿記」において修得した知識と技術をもとにして、企業会計の基本的な考え方を、受講生が身につけられるようにすることである。この講義を履修し学習することによって、具体的には、(1)利益計算における原価配分の考え方と、(2)会計上の評価の考え方を受講生が理解できるようになる。これらの考え方は会計学の基本的にして特徴的な考え方であるから、会計学の入門的な知識を得ることになる。
 経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、この科目は財務会計論、管理会計論などの他の会計諸学科目を学ぶ上での基礎科目に位置し、その意味で、会計学を学ぶためには基礎簿記に続いて履修すべき科目である。したがって、この科目は基礎簿記とセットになるものと考えて履修することを勧める。本科目の履修に先立ち「基礎簿記」を履修しておく必要がある。
 
授業内容
 講義科目「基礎簿記」において学んだ「商業簿記」を基礎にして、企業会計の基本的な考え方を理解することが、この講義のねらいである。どのような企業活動を簿記の記録の対象とするか、企業活動を記録するとしてもどのような金額で記録するか、したがって会計報告書(財務諸表)にどのようなものをいくらで載せるかは、会計学で取りあげられる考え方に基づいて決められていく。この講義では、会計特有な考え方として重要である、原価配分の考え方と会計上の評価の考え方を、具体的な会計処理に関係させて学ぶ。
 これらの考え方は、さらに専門的な会計諸学科目を学ぶうえで、基礎となるものであり、その点で必要不可欠なものである。企業会計の基礎的な考え方を身につけることは後に学ぶ専門的な会計学を実り豊かにする。会計のものの見方・考え方は私たちの経済社会に浸透しているので、将来、企業の分析をしてみようと考えている経済学を専門とする者にとっても教養として必要なものである。この科目を履修する前に「基礎簿記」を履修していることが必要である。
 
授業計画
 原価配分の考え方を学ぶために、その考え方が顕著に出ているいくつかのものを取りあげる。商品売買、減価償却および見越・繰延がその例である。会計上の評価の考え方を学ぶために、現金預金、売上債権および有価証券を取りあげる。その上で、原価配分と会計上の評価を全体的に考えることになる。
 授業は授業回に示した内容で進めるが、進捗状況等によって内容は前後することがある。それぞれの授業回に対応するテキストの該当章を示し、各授業回の該当章についての具体的な予習課題等を各回ごとに示してあるので、授業に先立ち予習課題等を予習しておくことが必要である。また、授業終了後は、該当章を読み返し、予習課題に関するポイントを確認し、さらに配布されたプリント(復習問題等を含む)等があればそれをも復習することが必要である。このような予習・復習は合わせて約4時間の自己学習を想定している。
 会計の知識はそれぞれの授業内容を積み上げるようにして身につけるものであるから、予習や復習を怠ると、授業の内容が途端にわからなくなる。この点は十分に留意して授業に臨んで欲しい。授業計画は全14回の内容をカバーする前提で、12回で実施する。授業計画の詳細等は、第1回のガイダンスのときに説明する。

01.商品売買(1)(テキスト第 9章)
   シラバス記載事項をガイダンスとして説明した後に、「基礎簿記」の内容を簡単に振り返りながら、継続記録法と棚卸計算法、原価配分の考え方、売上原価対照法と分記法について学ぶ。【予習】継続記録法と棚卸計算法の違いについてまとめ、商品売買取引に関する記録方法のうち、売上原価対照法と分記法の内容と違いについて整理する。
02.商品売買(2)(テキスト第 9章)
   売上原価対照法と分記法の復習、総記法と三分法について学び、練習問題によって具体的に理解する。【予習】商品売買取引に関する記録方法のうち、総記法と三分法の内容と違いについて整理し、商品売買取引に関する記録方法が全体としてどのような考え方にたっているかについてまとめる。
03.商品売買(3)(テキスト第 9章)
   商品有高帳と払出単価の決定方法、諸掛と返品・値引の会計処理について学ぶ。【予習】商品有高帳と、払出単価の決定方法としての先入先出法や移動平均法の関係について整理し、返品や値引があったときの会計処理について整理する。
04.減価償却(1)(テキスト第10章)
   減価償却と原価配分、減価償却の計算要素、減価償却計算の考え方について学ぶ。【予習】固定資産と減価償却の関係を考えながら、減価償却の計算要素をまとめる。
05.減価償却(2)(テキスト第10章)
   減価償却の計算方法、減価償却の記帳方法と財務諸表での表示について学ぶ。【予習】減価償却の計算方法としての定額法、定率法および級数法の内容を整理し、減価償却の記帳方法としての直接法と間接法についてまとめる。
06.繰延と見越(1)(テキスト第11章)
   繰延・見越と原価配分、繰延の会計処理について学び、練習問題によって具体的に理解する。【予習】収益・費用の繰延の会計処理についての具体例に沿って、その方法の内容を整理する。
07.繰延と見越(2)(テキスト第11章)
   見越の会計処理、消耗品と消耗品費について学び、練習問題によって具体的に理解する。【予習】収益・費用の見越の会計処理についての具体例に沿って、その方法の内容を整理し、消耗品の会計処理についてまとめる。
08.現金預金(1)(テキスト第12章)
   専門語としての現金、現金過不足の会計処理について学ぶ。【予習】会計上の現金について整理し、現金過不足の会計処理について、具体例に沿ってその内容をまとめる。
09.現金預金(2)(テキスト第12章)
   当座預金の性格、当座預金と小切手、当座預金の会計処理について学ぶ。【予習】当座預金について整理し、当座預金の引出と小切手との関係をまとめる。
10.売上債権(1)(テキスト第13章)
   信用取引と手形取引、約束手形の会計処理、裏書と割引の会計処理について学ぶ。【予習】約束手形を使った商品売買取引の会計処理を整理し、裏書と割引の会計処理についてまとめる。
11.売上債権(2)(テキスト第13章)
   為替手形の会計処理について学び、練習問題によって具体的に理解する。【予習】為替手形を使った商品売買取引の会計処理について整理する。
12. 売上債権(3)(テキスト第13章)
   債権の貸倒、貸倒の会計処理、貸倒引当金の設定方法について学び、練習問題によって具体的に理解する。【予習】債券の貸倒の会計処理を整理し、貸倒引当金を使った会計処理についてまとめる。 
13.有価証券(テキスト第14章)
   有価証券の種類、取得株式・取得債券の会計処理、有価証券の期末評価について学ぶ。【予習】 有価証券の種類を整理し、会計上の有価証券の分類をまとめ、有価証券の会計処理についてまとめる。
14.棚卸表(テキスト第15章、テキスト巻末問題)
   棚卸表の意義と内容、決算整理事項と整理仕訳の意味について学ぶ。また総合練習問題を学習し、問題のポイントを解説する。【予習】決算整理事項を記載する棚卸表の内容についてまとめる。
 
授業運営
 授業計画に示したように、テキストに即して授業する。理解と習得のために練習問題等のプリントも使用する。授業はオンタイム型授業(ZOOM)で行う。授業の進行に合わせて講義の区切りのよいところで、小テストまたは小レポートを実施する。小テストまたは小レポートについては、授業の中で解説する。



 
評価方法
 平常評価(小テストまたは小レポートの評価)を総合的に評価し、それを最終評価とする。評価方法については、ガイダンス時に説明する。毎回の授業内容は前後に密接に関係しているので、授業の欠席は単位取得を困難にすることを言い添えておく。
 
オフィスアワー
 今学期はオンライン授業であるため、メールで受け付ける。アドレスは以下のとおり。pt121356qt@jindai.jp
 
使用書
岡村勝義・奥山茂・戸田龍介『明解簿記・会計テキスト』[白桃書房]2007年
ISBN:9784561451587 最初の授業のガイダンスでテキストを紹介し、その使い方などを説明する。
参考書
講義内容に応じてその都度案内する。
 
 
 
[前へ戻る]