[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
基礎会計
Elementary Accounting
 担当者
 Instructor
講師   宮下 仁志  後学期 金曜日4時限/金曜日5時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
到達目標 
講義の到達目標は、受講生が将来ビジネスパーソンとして、会計学をいかに日常的な実学として使いこなせるかどうか、という受講生個々人の会計学全般の基礎的な定着です。また、会計学への知的好奇心の掘出しと会計学という理論的な学問への探求心の発掘も講義の到達目標のひとつです。会計学が理解できずに所謂「会計アレルギー」にならない工夫を凝らして講義を行います。講義は、受講生の状況に応じて可能な限り、柔軟に対応することとします。具体的に1年生から4年生までそれぞれの習熟度合があることでしょうが、どの年次の方が履修されても決して退屈にならない『考えること』、『気付くこと』に主眼を置いた講義を行います。講義は、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従うとともに一般的包括的な内容を含みます。アクティブラーニングを取り入れた講義を行います。
 
授業内容
授業内容
経済学部の一講義と捉えた場合、単に簿記会計だけを理解するというアプローチでは、極めて範囲の狭い学習内容となってしまう恐れがあります。そこで、本講義では、隣接する経済諸分野の事象を実務的な視点から、適宜取り入れて講義を進めていきます。会計の理解は、隣接経済諸分野と同時並行で理解することではじめて有機的に結びつきます。有機的な応用能力こそが、ビジネスパーソンとしての資質の向上につながる礎であり、社会での適応能力とも言い換えられます。講義内容の主眼は、税理士という実務家の視点から、受講生がビジネスパーソンとして活躍するための基礎的素養の向上である考える力を醸成することと地頭を磨くことにある。このことから、アクティブ・ラーニングを取り入れた講義を行います。学問の理解を通して自らが学ぶことで得られる喜びを体験してください。知見の向上が、知的好奇心の向上につながることで自身の潜在能力を引出しそして引き上げてください。最後に、講義のアクティブ・ラーニングを体験し、刺激に共感し、自らの表現力を高めることに気付き、自分自身の表現力の向上が強力な武器として使いこなせるまでに成長してください。「総合大学での勉強とは、どんなものであるか?」そんな漠然とした疑問をお持ちの方の受講をお薦めします。

【実務経験のある教員による授業科目】
税理士士事務所を経営して15年以上の経験のある教員が、実務経験に基づいた会計処理等を講義することにより、理論と実践からの簿記・会計への理解を深める講義を行う。
 
授業計画
授業計画
各回の講義は、以下の通り予定していますが、あくまで目安なので、進捗状況により内容は前後します。
講義は、習熟度合に応じて柔軟に対応する予定。予習は講義回に応じた各章の熟読概ね2時間。復習については、講義終了後概ね2時間の再読、理解が不足している部分は、質問(オフィスアワー参照)。テキストのヴォリュームゾーンは、第Ⅰ部、第1章から第6章、第Ⅲ部、第24章~第27章となります。ヴォリュームゾーンを丁寧にじっくりと理解していくための授業計画を策定してます。会計の本質的な理解を得たい方は、じっくり復習して、講義全体を再考することでより深い学びが得られることと確信します。
1 ガイダンス:シラバス記載事項の確認:スケジューリング、中小企業会計の制度的基盤
2 中小企業会計の制度化の歴史
3 中小企業会計の淵源
4 中小企業会計の理論的基盤
5 中小企業会計の概念的枠組みと方法論
6 中小企業会計と国際会計基準(IFRS)
7 中小会計基準の原点回帰、総論:その1、総論:その2
8 中小会計要領 各論1、各論2、各論3
9 中小会計要領 各論4、各論5、各論6
10 中小会計要領 各論7、各論8、各論9
11 中小会計要領 各論10、各論11、各論12
12 中小会計要領 各論13、14、15 中小企業会計の制度的・実践的課題と国際的動向

授業計画は全14回の内容を担保することを前提として、12回で実施します。
授業計画の詳細等に関しては、第1回目の授業の際に説明します。

 
授業運営
授業運営
⑴授業は、オンタイム型授業(ZOOM)で行います。
⑵従来の対面型の講義と同じように板書を用いる予定ですので、ノートもしくはルーズリーフの用意をお願いします。
 
評価方法
評価基準
⑴中間リポート50%、期末レポート50%の割合で評価します。
⑵評価方法、レポート実施時期等は、授業中に説明しますので必ず確認してください。
 
オフィスアワー
JINDAIメールアドレス pt120184op@jindai.jp
各回ZOOM講義が終了(全体的な講義)後、オフィスアワーを設けますので、質問がある際は、そちらの時間を用いてください。
 
使用書
河﨑 照行『最新 中小企業会計論』第1版第1刷[㈱中央経済社]2016年10月10日

参考書
関西学院大学会計学研究室『新版 基本簿記論』第3版[㈱中央経済社]2017年2月
新田忠誓監修『全経簿記能力検定試験 公式テキスト&問題集基礎簿記会計』初版第1刷[ネットスクール株式会社]2016年9月16日
田中 弘『『書斎の会計学』は通用するか』2015年10月1刷[株式会社税務経理協会]2015年
個々の参考書の内容については、購入前に質問してくだされば丁寧に説明します。
 
 
 
[前へ戻る]