[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
基礎会計
Elementary Accounting
 担当者
 Instructor
准教授 小川 淳平  後学期 月曜日3時限/火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本授業は、受講者が会計情報を理解するために必要な、会計学の基本的な考え方を習得することを目的とします。
経済学部のカリキュラム・ポリシーに基づく、企業・会計コースの基礎となる科目であり、他の会計科目(財務会計論、経営分析論、現代会計学、国際会計論など)の受講希望者のみならず、企業ファイナンスや証券投資に興味のある方にとっても有用です。
さらに、将来の進路として、金融機関、企業の財務・経理業務、および公認会計士・税理士の会計専門職を希望する方には不可欠の知識となりますので、本授業の受講を勧めます。


 
授業内容
企業の業績や財務状況を把握するには、会計情報を読み解く能力が求められます。そのために、現在の企業会計の基本的な考え方(基礎概念)、会計情報の特性、および情報を作成するためのルールの理解が必要です。各章で問題意識を明確にしながら、会計を成り立たせる枠組みを理解しましょう。
また、授業で得た知識を活用して、社会で起こっている時事的な問題をとりあげて考える時間を設けます。
 
授業計画
授業開始までに、予習としてテキストの該当箇所にあらかじめ目を通し、テーマやトピックを抽出したうえで、問題意識や疑問点を明らかにしておきましょう。
また復習として、授業で取り扱った論点や事例について他の文献やウェブを利用してさらに情報を収集し、整理することが望ましいです。予習・復習合わせて毎回4時間ほどの自己学習を想定しています。
1.イントロダクション︓会計の目的(第1章)
[予習]本講義の目的や範囲を把握し、会計とのかかわりを検討する。
2.会計情報と作成プロセス
[予習]決算書(貸借対照表・損益計算書)の形式や構成要素を把握する。
3.会計基準と会計制度︓会計情報の作成ルール(第2章)
[予習]各会計制度の目的や特徴を把握する。
4.収支の期間配分(第3章)
[予習]キャッシュフローの配分方法やその意味を考える。
5.利益の認識と測定︓投資回収計算(第4章)
[予習]利益をカウントする契機や投資を回収する方法を考える。
6.資産・負債の認識・測定(第6章)
[予習]資産・負債の性質および評価方法を考える。
7.費用配分のバリエーション︓商品、減価償却、引当金(第7章)
[予習]取引・契約ごとの費用の発生タイミングを考える。
8.資本会計(第8章)
[予習]自社株式の購入・売却や新株予約権の意味について調べる。
9.決算書の分析︓経営分析の導⼊(第9章)
[予習]収益性,効率性,および安全性の意味を調べる。
10.会計情報の役立ち︓会計情報と資本市場・経営者行動との関係(第11章)
[予習]資本市場および経営者により会計情報をどのように利用されるかを考える。
11.会計単位︓連結・セグメント(第10章)
[予習]連結決算書およびセグメント情報について調べる。
12.監査と粉飾(第12章)
[予習]監査の必要性や粉飾決算の問題を考える。
13.管理会計・入門︓経営者の視点
[予習]原価の構成要素および損益分岐点分析について調べる。
14.国際会計・入門︓グローバリゼーションと会計
[予習]グローバル化された世界における会計の役割りを考える。
 
授業運営
(1)授業は、オンタイム型授業(ZOOM)で行います。
(2)Microsoft Teams上でレジュメや資料を事前に提供しますので、授業開始までに入手してプリントアウトしてください。
(3)その他各種の連絡は、おもにTeamsで伝達します。
 
評価方法
(1)授業中の課題(小レポート、リアクションペーパーなど)で評価します。
(2)課題が複数回未提出の場合は評価の対象外とします。
 
オフィスアワー
質問・相談などがあればメールで受け付けます(ft101965oh@jindai.jp)。
また、ZOOMでも質疑に応じますので、その場合もメールで個別に日時を調整します。
 
使用書
川本淳・野口昌良・勝尾裕子・山田純平・荒田映子『はじめて出会う会計学』新版[有斐閣アルマ]2017年
ISBN 978-4-641-22061-4
参考書
斎藤静樹『企業会計入門』[有斐閣]2014年
大日方隆『アドバンスト財務会計』第2版[中央経済社]2013年
吉成英紀『世界のエリートがやっている会計の新しい教科書』[日本経済新聞出版社]2014年

 
 
 
[前へ戻る]