[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
基礎会計
Elementary Accounting
 担当者
 Instructor
教授   奥山 茂  後学期 金曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が①企業会計の具体的かつ主要な要素である貸借対照表と損益計算書の個々の要素に関連する計算方法、評価方法を理解できるようになること、②具体的な計算方法、評価方法についての知識を身に付けた上で、自らが個々の方法を的確に駆使できるようになること、③決算という重要な場面での評価のための手続きを正しく理解できるようになること、④決算に際して作成される精算表の構造を理解し、自らこれを作成できるようになることです。また、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、会計分野の専門科目を体系的に学ぶことができるようにカリキュラムは編成されており、本講義はその中でも基礎的な科目としてまた基礎簿記の後に学ぶ科目として位置づけられていますので、カリキュラムの開講期に則して履修することを推奨します。

 
授業内容
 本講義では会計を「企業会計」に限定し、この「企業会計」を理解するために必要な基本知識の修得を目指します。特に、「企業会計」から生み出される「会計情報」の作り方と読み方についての初歩的な知識を身に付けることによって会計の基礎力を高めるとともに、「会計情報」の集合体ともいえる年次決算書(いわゆる財務諸表)の構成要素となる個々の項目とその金額がどのようなプロセスによって計算されるのかということについての理解を深めることが本講義の主なねらいです。必要に応じて、最近の時事的な会計問題も取り上げ、「企業会計」における「会計情報」の意味と関連付けて考えていきます。本講義は、1年次の前期に開講されている「基礎簿記」を履修・単位取得済みであることを前提としています。ただし、後期開講の「基礎簿記」(火曜日2時限)との同時履修は可能です。
 
授業計画
 各回の講義テーマとしては下記のような内容を予定していますが、講義の進行状況によっては若干前後することがあります。講義用のスライド資料は事前に入手できるようにTeamsに保存されていますので、各自がダウンロードあるいは印刷するなどして、これをテキストの予習に活用するようにしてください。予習としては、スライド資料に目を通すことと未知の用語については事前に自発的に調べておくことが必要であり、毎回の講義はこの予習を前提として進められます。講義内容の性質上、予習に増して復習が重要です。毎回の講義内容についての演習事例(一部応用事例を含むこともある)に取り組めるようにForms上の小テストが準備されています。毎回の理解度を自ら確認するとともに、原則として翌日に公表される「解答例・補足解説」を参照して自発的に復習に取り組むようにして、知識を定着させるように心がけてください。これらの小テストの内容は学習上の重要事項になっていますので、理解不足の部分を確認して、知識の定着とともに、さらに理解を深めていくことが肝要です。なお、後学期の終盤では事前に課題をTeamsに公開し、あらかじめ各自がその課題に取り組むことを前提として、講義ではその解説を中心に授業を進める方式も必要に応じて導入します。本講義では、予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定しています。
1.ガイダンス:シラバスの記載事項の確認、企業会計の構成要素(「基礎簿記」の復習と基礎知識の確認)
2.商品売買にみる原価配分と期間損益計算(1)-総記法、分記法、三分法を理解する(テキスト第9章前半)
3.商品売買にみる原価配分と期間損益計算(2)-先入先出法、後入先出法、移動平均法、総平均法を理解する(テキスト第9章後半)
4.減価償却にみる原価配分と期間損益計算(1)-定額法、定率法を理解する(テキスト第7章と第10章前半)
5.減価償却にみる原価配分と期間損益計算(2)-減価償却費と減価償却累計額を理解する(テキスト第10章後半)
6.費用・収益の見越・繰延にみる期間配分-前払、前受、未収、未払の各要素を理解する(テキスト第11章)
7.現金・預金にみる評価-調整表を作成する(テキスト第12章)
8.売上債権にみる評価-貸倒引当金繰入と貸倒引当金、差額調整法と洗替法を理解する(テキスト第13章)
9.棚卸と棚卸表-決算整理事項を理解する(テキスト第15章)
10.精算表の構造-構造を理解する(テキスト第7章と第15章) 演習事例:上記2に関連する三分法を前提とした精算表の記入
11.2つの利益計算の構造を知る-(テキスト第15章) 演習事例:上記2および4,5,6を含む精算表の記入 
12.まとめ:全体のまとめとしての精算表の作成 
13.会計の決算書類の関係を知る-精算表と決算書の作成(テキスト総合練習問題1または類似問題と関連資料を別途配付)
14.個人企業と株式会社の決算-損益の記録と課税に関連する記録を理解する(関連資料を別途配付)
 
 ※授業計画は全14回の内容を担保することを前提として、12回で実施します。
  授業計画の詳細等については、第1回目の授業時に補足します。
 

 
授業運営
 本講義は、毎回正規の授業開始時刻に始まるZoomによるオンライン授業とFormsで取り組む事例演習によって構成されることになります。初回用のZoomミーティングIDとパスワードについては、全学の対応として前学期と同様にリストが開示される場合には当該リストにて確認してください。ただし、その開示に支障があると判断される場合には初回の講義前日までに関連情報を履修登録者にJINDAIメールにてお知らせします。なお、講義に関する連絡は、原則として毎回の講義の前日までにTeamsに表示されていますので、講義前には確認するようにしてください。毎回の講義にはトピックがあり、このトピックについての解説、企業における事例の紹介、場合によっては計算事例による解説、また必要に応じて関連事項の補足というような内容が講義(Zoom対応分)の大部分を占めることになります。この講義では各種の計算方法(実際には簡単な四則計算にもとづくもの)、会計上の「評価」という金額の決め方によって具体的な項目の金額がどのように求められているのかということを理解するために、履修者各自が小テストなどの演習を通じて実際に計算してみることが欠かせません。そのような事例演習のための時間を講義時間内に「小テスト(Forms対応分のwebテスト)」として可能な限り設けることにより、理解を深めていく仕組みになっています。各回の演習事例問題は、解答例・補足解説とともに原則として講義翌日にはTeamsに公開されますので、各自で理解の不十分な部分について改めて取り組んだ上で次回の講義に臨むようにしてください。自分の意思で簿記・会計の技術を修得する、さらには簿記・会計の資格取得を目指す(とはいえ本講義の「ねらい」は上記の到達目標であり、基礎的な内容を正しく学ぶことは、資格取得のための学習の根幹を形成することに役立ちます。)というような明確な目的を持って履修するようにしてください。なお、本講義では、Zoomの他に講義資料等の保存場所および連絡事項の表示場所としてMicrosoft Teams、小テストおよび中間・最終回の理解度確認レポートなどのテスト形式の問題・課題にはMicrosoft Forms、また連絡・問い合わせ用にJINDAIメールというような各ツールを使用します。
 
評価方法
 後学期中に事前に予告した上で実施する理解度確認①および最終回に実施する理解度確認②という2度のwebテスト〔各50点〕の結果にもとづいて成績評価をおこないます。このテスト結果〔2回の合計点)が本講義の到達目標に照らして一定の水準を超えていると評価できる場合には、そのままの点数にて評価し、そのテスト結果がその水準には満たない場合には到達目標に照らして一定の範囲内であることを前提として、毎回実施する小テスト、および課題等の提出物がある場合にはその内容も加味して総合的に評価することがあります。
 
 
オフィスアワー
 メール対応となります。 okuyas01@jindai.jp

 
 
使用書
岡村勝義・奥山茂・戸田龍介『明解 簿記・会計テキスト』[白桃書房]2007年
ISBN978-4-561-45158-7
参考書
簿記検定の参考書については開講時に指示します。
 
 
 
[前へ戻る]