[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
基礎簿記
Elementary Bookkeeping
 担当者
 Instructor
講師   岡村 勝義  前学期 水曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 この講義の到達目標は、会計諸学科目を学ぶ上での基礎になる簿記技術の基本を、受講生が修得することにある。具体的には、(1)簿記記録が最終的には企業等の事業体に関する経営成績や財政状態を表示する会計報告書(財務諸表)作成のための基礎データになることを、受講生が理解できるようになること、(2)簿記記録は複式簿記の原理に基づいて行われることを学ぶことによって、会計の基本的な考え方や方法を受講生が身につけられるようになることである。
 経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、この科目は財務会計論、管理会計論等の他の会計諸学科目を学ぶ上での基礎科目に位置し、その意味で会計学を学ぶために最初に履修すべき科目である。
 
授業内容
 企業等の事業体が発信する情報の中心に会計情報があり、それは財務諸表を通じて社会に提供される。会計情報は主として簿記を通じて作り出されるので、会計情報の特性を知るためには簿記の技術的特徴を学ぶことが必要になる。このような簿記技術の基本を学ぶことが、この講義のねらいである。簿記は経済活動を営む経済主体であれば、どんな主体であれ使われる共通の技術である。このため、簿記によって作り出される情報は「事業の言語」とさえいわれる。したがって、この講義では、事業の言語を成り立たせる簿記の原理である複式簿記を学ぶ。
 簿記を学ぶことは1つの言語を学ぶことに等しく、これをマスターすれば、マスターしない者と比べれば企業等の事業体に対する見方・考え方がそれだけ広がりまた深くなる。近年、地方自治体やNPO法人等の非営利組織においても企業簿記の考え方が導入されているので、簿記を学ぶ意義はますます大きくなっている。地方自治体や企業等の分析をしてみようと考えている経済学を専門にしようとする者にとって、会計の基礎となる簿記の知識は教養としても必要であるから、積極的に履修してほしい。
 
授業計画
 簿記は企業活動をどのようにみるか、企業活動をどのように記録するか、記録方法はどのような特殊性をもっているか、会計情報を満載する財務諸表はどのように作成されるかなどを具体的に学ぶ。簡単にいえば、この講義では「複式簿記の原理」を取り上げる。その際、素朴なタイプの商企業における簿記すなわち「商業簿記」を扱う。
 授業は授業回に示した内容で進めるが、進捗状況等によって内容は前後することがある。それぞれの授業回に対応するテキストの該当章を示し、各授業回の該当章についての具体的な予習課題等を各回ごとに示してあるので、授業に先立ち予習課題等を予習しておくことが必要である。また、授業終了後は、該当章を読み返し、予習課題に関するポイントを確認し、さらに配布されたプリント(復習問題等を含む)等があればそれをも復習することが必要である。このような予習・復習は合わせて約4時間の自己学習を想定している。
 簿記の知識は毎回の授業を積み上げるようにして身につけるものであるから、予習や復習を怠ると、途端に授業の内容がわからなくなる。この点は十分に注意して欲しい。

01. 簿記の役割と学び方(テキスト第1章)
   シラバス記載事項の説明をした後、簿記とはどのようなものであるか、簿記学習の進め方について学ぶ。【予習】企業におけ  る簿記の役割と簿記の分類についてまとめる。
02. 貸借対照表と財政状態(テキスト第2章)
   貸借対照表の役割・内容について学ぶ。【予習】貸借対照表の役割と、それに記載される資産・負債・資本の内容と関係を整理  する。
03. 損益計算書と経営成績(テキスト第3章)
   損益計算書の役割・内容と、貸借対照表と損益計算書の関係について学ぶ。【予習】損益計算書の内容と、2つの損益計算方  法をまとめ、貸借対照表と損益計算書の関係について整理する。
04. 取引と取引分解(1)(テキスト第4章)
   簿記上の取引、交換取引と貸借対照表との関係について学ぶ。【予習】簿記上の取引概念をまとめ、交換取引と貸借対照表と  の関係について整理する。
05. 取引と取引分解(2)(テキスト第4章)
   損益取引と損益計算書との関係、混合取引について学ぶ。【予習】損益取引と損益計算書との関係を整理し、混合取引の内容  をまとめる。
06. 仕訳と勘定記入(1)(テキスト第5章)
   取引分解と仕訳、勘定、勘定記入ルールと仕訳との関係について学ぶ。【予習】取引分解と仕訳の関係を整理し、仕訳が勘   定・勘定記入ルールとどのような関係になっているかについてまとめる。
07. 仕訳と勘定記入(2)(テキスト第5章)
   取引分解、仕訳、勘定記入の練習問題によって具体的に理解する。【予習】「設問1」に基づき仕訳帳フォーマットに記入し   て、それに基づき解答用T字フォーマットに記入してみる。
08. 試算表と精算表(テキスト第6章)
   試算表と精算表について学ぶ。またそれらを練習問題によって具体的に理解する。また総合練習問題1を取り上げる。【予   習】決算手続を整理し、決算予備手続をまとめる。その上で、試算表と精算表の内容をまとめる。
09. 決算整理事項と決算(テキスト第7章)
   決算手続の流れ、決算予備手続と決算整理事項、減価償却について学ぶ。【予習】決算予備手続にある決算整理事項に基づく  修正の必要性をまとめ、原価配分と減価償却との関係を整理する。
10.帳簿決算(1)(テキスト第8章)
   決算手続と決算本手続(帳簿決算手続)、損益勘定の開設と振替手続について学ぶ。【予習】決算手続における決算本手続の  内容を整理し、開設される損益勘定と振替手続の関係をまとめる。
11.帳簿決算(2)(テキスト第8章)
   残高勘定の開設と振替手続、帳簿の締切、財務諸表の作成について学ぶ。【予習】開設される残高勘定と振替手続との関係を  まとめ、その後に行われる帳簿締切と財務諸表の作成の流れを整理する。
12.総合練習問題2(基礎簿記編・総合練習問題)
   テキストの巻末にある総合練習問題2を解答する。その後に問題のポイントを解説する。
13. 課題レポート1
前半の講義内容に関するレポート
14. 課外レポート2
   後半の講義内容に関するレポート





 
授業運営
 授業計画で示したように、テキストに即して授業する。簿記技術の理解と習得のために、練習問題等のプリントも使用する。今学期はオンライン講義であるから、毎回の講義では、小テストまたはレポート(プリント提出)を実施する予定である。小テストまたはレポート(提出プリント)については、授業の中で解説する。繰り返し述べるが、簿記は一つずつ積み上げるようにして技術を習得していくものであるから、毎回の授業の予習・復習を根気よく行う必要がある。 



 
評価方法
 平常評価(小テストまたは提出プリントの評価)を総合的に評価し、それを最終評価とする。簿記は技術であるので、授業に参加しないと、単位取得が困難になるであろう。

 

 
オフィスアワー
 今学期はオンライン講義であるから、メールで受け付ける。アドレスは以下のとおり。okamuk01@gmail.com



 
使用書
岡村勝義・奥山茂・戸田龍介『明解 簿記・会計テキスト』[白桃書房]2007年
ISBN:9784561451587 最初の授業のガイダンスでテキストを紹介し、その使い方などを説明する。
参考書
講義内容に応じてその都度案内する。
 
 
 
[前へ戻る]