[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
基礎簿記
Elementary Bookkeeping
 担当者
 Instructor
准教授 小川 淳平  前学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
簿記は会計の仕組みを理解するための第⼀歩です。そして会計を理解することは、企業行動や経済活動を理解するための視点や⼿段を獲得することにつながります。経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、まずは実践的な計算力を身につけ、会計およびファイナンスの各科目をより深く習得するための基礎力を築きましょう。
そして、日商簿記検定3級の合格水準まで到達することを目標とします。

 
授業内容
会計は、経済行為を言語的・貨幣的に記録・計算・報告するシステムです。このプロセスを通じて、財務に関する報告書が作成されます。企業の内部者/外部者は、この情報を利用して、目的に応じた意思決定を行います。
本授業では、財務情報の作成に焦点をあて、説明・演習を通してその考え方・仕組み・計算方法を習得することを目指します。
 
授業計画
簿記は「積み重ね」が大切です。⼀回⼀回正確に理解していかないと、次のテーマに進んでも全体像を把握することは困難です。まずはテキストの該当箇所をあらかじめ読み予習します。さらに、復習が不可欠です。問題演習の反復練習を通じて、計算力のみならず思考力も培われます。予習・復習合わせて毎回4時間ほどの自己学習を想定しています。

1. イントロダクション︓シラバス記載事項の確認、簿記・会計の目的・基本的な考え方
2. 簿記の基本的な考え方:BSとPL
[予習]貸借対照表および損益計算書の形式・構成要素を把握する。
3. 取引・勘定/仕訳・帳簿の記入
[予習]仕訳や転記の構造や役割りについて考える。
4. 現金と預金/商品売買
[予習]現金同等物を把握する。また3分法による商品売買の記録方法を把握する。
5. 値引・返品・商品有高帳/売掛金と買掛金
[予習]掛による信用取引の記録方法を把握する。
6. その他の債権と債務
[予習]利息の計算方法および各種債権・債務の意味を考える。
7. 手形/有価証券
[予習]手形・有価証券の種類や取引に利用する理由を考える。
8. 固定資産/貸倒れ
[予習]有形固定資産の種類を把握し,減価償却の意味を考える。
9. 資本と引出金/税金
[予習]資本の増加・減少要因について考える。
10. 収益と費用/消耗品
[予習]現金の流出入と費用収益を認識する時期が乖離する理由・影響を考える。
11.決算①:試算表の作成
[予習]決算手続きの全体像を把握する。
12. 決算②:決算整理・帳簿の締め切り
[予習]決算時に行う仕訳の種類を把握する。
13. 決算③:精算表・BS, PLの作成
[予習]貸借対照表・損益計算書の作成方法を考える。
 
授業運営
授業の前半で、簿記・会計の考え方および技術的な解答方法を説明します。そして後半で、演習として計算問題に取り組みます。授業中に積極的に計算に取り組むことが、簿記を理解するために最も効率的です。
 
評価方法
確認テストおよび課題により評価
授業時間内で複数回の確認テストなどを実施します。論点等について適宜解説し、知識や技能の定着を図ります。
 
オフィスアワー
オフィスアワー︓月曜日2時限(会議等の時間を除く)
場所︓研究室(1号館706号室)
*質問はメールで受け付けます。

 
使用書
渡部裕亘・片山覚・北村敬子編著『検定簿記講義 3級商業簿記』[中央経済社]2020
渡部裕亘・片山覚・北村敬子編著『検定簿記ワークブック 3級商業簿記』[中央経済社]最新刊
ISBN 9784502825637

 
 
 
[前へ戻る]