[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
基礎簿記
Elementary Bookkeeping
 担当者
 Instructor
教授   奥山 茂  前学期 火曜日3時限/金曜日3時限
  後学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が①複式簿記という特殊な記録技術の目的を理解できるようになること、②複式簿記の具体的な手続きについての知識を身に付けた上で、個々の手続きに即して的確に実際の記入ができるようになること、③決算という重要な場面での記録のための手続きを正しく理解し、この手続きに即して実際に帳簿決算のための記入ができるようになることです。また、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、会計分野の専門科目を体系的に学べるようにカリキュラムは編成されており、本講義は会計分野の最も基礎的な科目として位置付けられていますので、会計分野の専門科目を年次が進むにつれてより広く深く学ぶための最初の専門科目として、本講義を最優先に履修してください。

 
授業内容
 簿記は、Book-keeping(帳簿記入)の略語といわれることもありますが、要するに、会計上の必要な事項を記録するための特殊な記録技術(帳簿への記入方法)です。本講義では、この記録技術の修得をねらいとしています。そのために、日常的な経営活動の結果によって増加・減少する企業財産の記録から帳簿の締切(決算)の記録にいたるまでの一連の記録手続の方法を各回の講義テーマとして段階的に取り上げて、解説することによって講義を進めていくことになります。毎回の講義を通じてこの技術を修得し、さらにこれに関連する知識を身に付けることによって、決算書を理解するための最も基本的な知識も身に付くことになります。もちろん、簿記について何も予備知識のない全くの初学者を対象にして講義を進めていくことはいうまでもありません。
 
授業計画
 各回の講義テーマとしては下記のような内容を予定していますが、講義の進行状況によっては若干前後することがあります。講義用のスライド資料は事前に入手できるようにTeamsに保存されていますので、各自がダウンロードまたは印刷するなどして、これをテキストの予習に活用するとともに、講義時にも参照するようにしてください。予習としては、スライド資料に目を通すことと未知の用語については事前に自発的に調べておくことが必要であり、毎回の講義はこの予習を前提として進められます。講義内容の性質上、予習に増して復習が重要です。毎回の講義内容についての演習事例に取り組むためにForms上に小テストが準備されていますので、これによって理解度を確認するとともに、後日公開される解答例・補足解説を参考にして特に理解不足の部分については自発的に復習に取り組むようにして、知識を定着させるように心がけてください。これらの小テストの内容は学習上の重要事項になっていますので、理解不足の改善を通して、知識を確実なものにするだけだはなく、理解を深めるようにしてください。本講義では予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定しています。
1.ガイダンス:シラバスの記載事項の確認、簿記の体系 -簿記を学ぶ目的、簿記の学び方、簿記の種類と講義対象を知る(テキスト第1章)
2.簿記の役割 -簿記の誕生から今日までの歴史を概観し、簿記記録の役割を理解する(テキスト第1章への補足)
3.複式簿記による観点(1)─簿記と貸借対照表との関係を理解する(テキスト第2章)
4.複式簿記による観点(2)─簿記と損益計算書との関係を理解する(テキスト第3章)
5.複式簿記による観点(3)―簿記の記録対象としての取引とその要素分解を理解する(テキスト第4章)
6.仕訳と勘定記入(1)―仕訳とは何をすることかを理解する(テキスト第5章前半)
7.仕訳と勘定記入(2)―転記の仕組みを理解する (テキスト第5章後半)
8.仕訳と勘定記入(3)―勘定記入の方法を理解する(テキスト第5章全体)
9.試算表の作成─試算表の構造を理解し、作成する(テキスト第6章)
10.帳簿決算(1) ―振替の意味、英米式決算と大陸式決算の構造を理解する(テキスト第8章)
11.帳簿決算(2) ―大陸式決算の構造、損益勘定と残高勘定への記入方法を理解する(テキスト第8章)
12.各種の期中取引(1) —伝票制による記録を理解する(別途資料配付)
13. 各種の期中取引(2) ―現金・預金、債権・債務、商品売買に関する記録を理解する(別途資料配付)
14. まとめ
 ※授業計画は全14回の内容を担保することを前提として、12回で実施します。
  授業計画の詳細等については、第1回目の授業時に補足します。
 ※上記8の終了時に理解度確認レポート①(webテスト)および最終回の終了時に理解度確認レポート②(webテスト)をそれぞれ予定しています。


 
授業運営
 本講義は毎回正規の授業開始時刻に始まるZoomによるオンライン授業とFormsで取り組む事例演習によって構成されることになります。初回用のZoomミーティングIDとパスワードについては、全学の対応として前学期と同様にリストが開示される場合には当該リストにて確認してください。ただし、その開示に支障があると判断される場合には初回の講義前日までに関連情報を履修登録者にJINDAIメールにてお知らせします。なお、講義に関する連絡事項は、原則として毎回の講義前日までにTeamsに表示されていますので、講義前には確認するようにしてください。
 この講義のねらいである「記録技術の修得」のためには、一方的に解説する(その結果として、履修者は聴き役に徹する)だけでは不十分であり、履修者各自が配付される教材資料に実際に記録してみること、また演習問題に取り組むことが必要です。したがって、講義では各テーマの解説(Zoom対応分)とこれについての事例演習(Formsの小テスト対応分)とが半ばすることになります。小テストによって演習の機会を可能な限り設けることによって、理解を深められるようにします。その際に、必要に応じて別途教材資料をTeamsに準備することもありますので、これを印刷または手元のメモとして再現するなどして実際に記入する作業も自発的に行うようにしてください。何といっても「記録技術の修得」には演習は不可欠であり、各自の積極的・自発的な取り組みが前提となります。各回の小テストについては、原則として翌日までには解答例・補足解説がTeamsに公開されますので、各自の解答を確認するとともに、補足解説も参考にして十分に対応できるようにした上で次回の講義に臨むようにしてください。自分の意思で、「簿記」という記録技術を修得する、あるいは「簿記」の資格取得を目指す(とはいえ、本講義の「ねらい」は上記の到達目標に記されているような内容であり、基礎的な内容を正しく学ぶことは資格取得の学修の根幹を形成することに役立ちます)というような明確な目標を持って、履修するようにしてください。また、講義中に浮かんだ疑問、気づいたことについては、必ずメモを取るようにするだけではなく、不明な用語の確認も含めて復習として講義内容を振り返ってみることを心掛けるようにしてください。自分で疑問を解決することも自分で調べることも学修の重要な要素です。なお、本講義では、Zoomの他に講義資料・課題等の保存場所、毎回の連絡表示場所としてMicrosoft Teams、小テストおよび課題、中間と最終回の理解度確認レポートなどのテスト形式の問題・課題にはMicrosoft Forms、また連絡・問い合わせ用にはJINDAIメールというようなツールを使用します。


 
評価方法
 第8回と最終回にそれぞれ理解度確認レポート(webテスト)を実施する予定です。成績評価は原則としてこの2度の理解度確認レポートの合計点にもとづいておこないます。上記の到達目標に照らして、その合計点が一定の水準に達していると評価できる場合には、そのままの点数によって評価します。また、その合計点がその水準には達していない場合でも、到達目標に照らして一定の範囲内にある場合には、小テストの解答内容についての評価を加味して成績評価をおこないます。

 
オフィスアワー
 メール対応となります。okuyas01@jindai.jp
 
 
 
使用書
岡村勝義・奥山茂・戸田龍介『明解 簿記・会計テキスト』[白桃書房]2007年
ISBN978-4-561-45158-7
参考書
簿記検定についての参考書は開講時に指示します。
 
 
 
[前へ戻る]