[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
コンピュータ演習
Computer Science 
 担当者
 Instructor
講師   五月女 仁子  前学期 金曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は、2年で学習したプログラミング能力を踏まえ、アプリケーション開発の基礎力を取得します。
 
授業内容
コンピュータ演習Ⅰ・Ⅱで学習したVBAによるプログラミングの基礎を踏まえて、Visual C#言語によるWindows対応アプリケーションの作成の基礎を学びます。これによって、プログラミングの概念と操作を確実に身に付けます。

履修要件は
・パソコンを持っていること(インターネットに接続していること)
・4回目までには教科書を用意すること。

〇ソフト(アプリケーション)としてVisual C# が必要ですが、今回は授業内でインストール方法を説明します。
 
授業計画
今回の授業が理解されている前提で次回の授業が進むため、この授業に関しては、特に復習が重要です。そのため、授業が終わった後は、ミニ課題や授業の資料をもう一度見直して、しっかり理解するようにしてください。予習については、例題などを一通り見ておくとどのようなプログラミングをするのかとらえやすくなります。予習と復習を合わせて各回あたり約2時間の自己学習が必要になります。
1. ガイダンス・Visual C#の基礎
 シラバスの確認
 Visual C#の立ち上げ、保存など基本操作、Visual C#の画面の説明
2. VisualC#の入門 
 変数、定数、初期化、演算子
3.条件分岐
 if文の使い方、switch文の使い方
4.配列
 1次元配列の使い方
 多次元配列の使い方
5. コレクション
 Listの使い方
 Dictionaryの使い方 
6.メソッド
 引数がないメソッド
 引数があるメソッド
7.LINQ式
 LINQ式の使い方
 ランダム式の使い方
8.簡単なゲームの作成
 1から7までの知識を使い、実際にアプリを作成する
9. 課題の作成
 8で作成したプログラムを使って応用課題に取り組む
10. オブジェクト指向
 オブジェクト指向とは
11.クラスとインスタンス
 クラスとは、クラスの作り方、クラスのインスタンスの使い方
12.値型と参照型
 参照型の使い方と使うときの注意点について学ぶ 
13. カプセル化
 カプセル化とは
14. 試験、実技課題の回収、試験の解説
 1から13までで学習した内容について試験を実施する
 試験終了後、試験と実技課題の解説を行い、コンピュータ演習Ⅴについてまとめを行う
 
授業運営
コンピュータ演習Ⅰ・Ⅱで勉強したVBAの基本が理解されているものとして、講義を進めます。授業の進め方は、前半45分~60分は解説をし、残りの時間は課題に取り組むという形式です。欠席するとすぐについてこられなくなるので、出席するように心がけましょう。
 
評価方法
課題、試験の成績との総合的に評価します。
課題は、毎回の講義で実施するミニ課題と宿題、試験です。ミニ課題は授業中に提出を原則とします。欠席をするとその日のミニ課題の点数は入らないと考えてください。宿題は期限を設けます。期限内の提出が原則です。
試験は持ち込み可、ファイル参照可ですが、インターネットやメールの参照は不可です。
配点は課題(ミニ課題・宿題)50%、試験50%  
ただし、5回以上欠席した人は評価の対象としません。
 
オフィスアワー
講義時間前後の講師控室
 
使用書
北村 愛実『確かな力が身につくC#「超」入門』5[SB Creative]2019年


 
 
 
[前へ戻る]