[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
会計制度論
Institutional Accounting
 担当者
 Instructor
講師   四方田 彰  前学期 火曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 最低賃金の引き上げや働き方改革による労働時間と店舗の営業時間短縮など、日本経済は長期的に見れば大きな転換期にあるといえる。
 こうした局面においては、個々人の情報収集能力が不可欠であることはもちろん、企業の業績予想が刻々と変わる現在においては、企業の決算情報を利用することが、今まで以上に重要になってきている。
 本講義の到達目標は、受講生が企業の決算書を読むための、基礎的な会計知識を得るとともに、会計制度に関する理解を深め、最終的には企業の決算書を読むための技法を身につけられることである。
 また、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、現代の経済現象を正確に認識し、実践的に対応する能力を培い、経済学・商学の基礎学力と応用力とをバランスよく備えた専門的職業人を育成するために編成しており、本講義の到達目標は以下の通りである。

(1)会計に関する基礎を学ぶことで、決算書の仕組みを理解できるようになる。
(2)決算書を通じて、企業の業績を把握することができるようになる。
(3)決算書の分析を行うことで,企業の現在を知ることができるようになる。

 なお、基礎簿記や税務会計等の各科目を学ぶための基礎を身につける役割を持つので、これらの科目を履修しようと計画している者は、本講義の受講後に、基礎簿記や税務会計等の科目を履修することが望ましい。
 
授業内容
 会計を学ぶ中で、最終目的は企業の決算書を読むことであり、留意しておくべき項目を取り上げ、会計の初心者であっても学べるよう進めていく。授業は、テキストとプロジェクターを使った講義形式を基本とし、ノート等を取らずに講義に集中してもらう形式を基本とする。
 復習としては、授業中に不明な用語をチェックしておき、授業後にテキスト等で調べておくことを勧める。

【実務経験のある教員による授業科目】
 税理士として業務を行っているが、税理士としての実務以外に、税務に関する執筆活動や、税理士会を通じた小・中・高等学校における租税教室での講義も担当している。
 講義では、こうした経験を活かし、わかりやすい講義を心掛け、上場企業等の決算短信や有価証券報告書などを利用した企業の今が見える講義を行う。
 
授業計画
 各回の講義内容は、一応下記のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。
 テキストを事前に読んだ上で出席していることを前提としているため、各回共通の予習として、①各回の該当項目(以下の各項目に沿った章)を事前に読んでおくこと、②わからない用語を調べておくこと、③関連した時事問題について考察をすること、の3点を実施してもらいたい。
 復習としては、テキスト等を読み返し、ノートに整理を行うこと。また、新聞やインターネットを通じた企業のリアルタイムな情報をチェックしておくことも望ましい。
 テキストについては、講義内容に沿った部分を使うため、他の項目は本講義では使わない。
 講義を行う順番は、授業計画の通りであるが、実際の企業の決算書や有価証券報告書を題材として使う際には、別途の資料で補足を行う。
 なお、予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定しているが、予習については講義直前に限らず、まとまった時間のある休日などを利用して行ってもかまわない。
 また、簿記を学習したことの無い者は、基礎的な事項に関して事前に学習しておくことで、より理解が深まるため学んでおくことを勧める。

1.ガイダンス(会計に関する基礎知識)
 まずシラバスの記載事項について確認を行い、会計制度論がどのような授業であるかを理解し、学習の方法について概要をつかむ。
【予習】会計や決算に関する予備知識を整理しておくこと。
【復習】会計や決算について関連事項と併せて確認しておくこと。

2.決算書はどうやって作るのか(CHAPTER5)
 企業が決算書を作るための流れについて学習し、どのようなルールが存在するか理解する。
【予習】企業の決算書がどのようなものか、事前に収集しておくこと。
【復習】決算書から何がわかったか考察してみること。

3.決算書(財務諸表)の役割は何か(CHAPTER5)
 企業が作成した決算書がどのような役割を果たすのか、具体的な役割について理解する。
【予習】集めた決算書がそれぞれどのような違いがあるか確認すること。
【復習】決算書がどのような役割を果たしているのか考察してみること。

4.会計にはどんな約束があるのか(CHAPTER6)
 企業会計の一般原則について確認を行い、一般原則の必要とされる理由について理解する。
【予習】企業会計の一般原則にどのようなものがあるのか確認すること。
【復習】企業会計の一般原則は何故作られたのか、考察してみること。

5.公認会計士・監査法人の役割(CHAPTER6)
 企業が公表する決算書を担保するために、公認会計士や監査法人が果たす役割について理解する。
【予習】過去に上場企業が起こした会計不祥事等を調べ、監査の役割を確認すること。
【復習】公認会計士がいなかった場合に、どのような問題が発生するか、考察してみること。

6.損益計算書(P/L)の構造(CHAPTER7)
 企業の損益測定の手順を確認し、利益算出の方法について理解する。
【予習】企業が発表している決算情報などを利用し、何が原因となって利益又は損失となったのか、実際に確認を行うこと。
【復習】有価証券報告書などに書かれている内容を読み込み、今後の業績予想を考察してみること。

7.損益計算書の作り方(CHAPTER7)
 損益計算書を作るための2つの方法について学び、5種類の利益の違い、それぞれの利益がもたらす会計情報の重要性を理解する。
【予習】利益の中で何が重要となるかといった視点で、それぞれの利益の違いを確認すること。
【復習】5つの利益の中で、何が一番重要なのか考察してみること。

8.貸借対照表(B/S)の構造を知る(CHAPTER8)
 資産、負債、純資産といったそれぞれの区分を理解する。
【予習】企業の資本金は大きければ良い会社なのかといった視点で、貸借対照表の構造について確認を行うこと。
【復習】資本金を小さくすることで、企業はどのようなメリットを受けることができるか考察してみること。

9.貸借対照表の役割(CHAPTER8)
 貸借対照表が果たす役割について理解を行い、損益計算書との違いを明らかにする。
【予習】貸借対照表が債権者や投資家にもたらす情報内容が何故重要なのか確認を行うこと。
【復習】貸借対照表の中で、どの項目が重要であるか考察してみること。

10.金融資産は1年基準(ワン・イヤー・ルール)(CHAPTER8)
 1年内に現金化するもの、現金化するために1年を超えるものがある。これらの違いを学び、何故1年内を基準とする必要があるのか理解する。
【予習】企業の決算はなぜ四半期ごとに情報開示する必要があるのかといった点について確認を行うこと。
【復習】1年を超えて決算を行う事例もあるため、調べて考察を行うこと。

11.貸借対照表を読むコツ(CHAPTER8)
 貸借対照表が左右に分かれているのは何故かといった点を学び、貸借対照表等式について理解する。
【予習】貸借対照表は何故左右一致するのかといった点を中心に確認を行うこと。
【復習】貸借対照表等式について、足し算、引き算などの組み合わせで考察を行うこと。


12.会社は成長しているか(CHAPTER9)
 会社が成長しているかどうかといった内容は、決算書のどこを見ればわかるのか、経営分析的な視点で理解を深める。
【予習】会社の単なる業績だけではなく、成長といった視点からはどこに注目すべきかといった点について確認を行うこと。
【復習】衰退期にある企業は、投資に値しない企業なのか、考察してみること。

13.会社の成長に無理は無いのか(CHAPTER10)
 会社の成長をみるには何を基準とするのかわかりにくい。そこで、成長比較グラフを用いて理解を深める。
【予習】テキストで使われているグラフの役割を確認すること。
【復習】実際の企業の数値を使って、企業の業績をグラフに当てはめてみること。

14.会社は収益性の高い事業をしているか(CHAPTER11)
 会社のもうけが順調かどうか、決算書の数字だけでは理解しにくい。そこで資本等を基準とした分析手法について理解を深める。
【予習】ROEやROAなどの用語について確認を行うこと。
【復習】企業が公表している実際の数値を使って分析を行うこと。
 
授業運営
 すべて講義形式で行う。質問があればメール等で受け付ける。授業終了後に、理解度を確認するため、授業の感想を含めたコメントを提出してもらう。
 
評価方法
 評価の方法は基準は以下の通りである。
 授業終了後のコメント約60% レポート約40%
 特別の事情がなく、講義回数の半分以上受講しない者は評価の対象としない。


 
オフィスアワー
 質問等はメールで受け付ける。yomodakaikei@gmail.com
 
使用書
田中弘『最初に読む会計学入門』[税務経理協会]2013
ISBNコード:978-4-419-06037-4

 
 
 
[前へ戻る]