[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
管理会計論
Management Accounting
 担当者
 Instructor
教授   奥山 茂  前学期 金曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の達成目標は、受講生が ①管理会計の目的を理解できるようになること、②管理会計の具体的なツールそれ自体についての知識を具体的な実際の場面で活用できるようになること、③管理会計の主要な目的である意思決定と業績評価を具体的な事例にもとづいて実際に行えるようになることです。また、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、会計分野の専門科目を体系的に学べるようにカリキュラムは編成されており、本講義はその中心科目の一つとして位置付けられているので、会計分野の専門科目を深く広く学ぶためには本講義の履修が望ましい。
 
授業内容
 本講義は、企業会計の中でも主に(経営)管理者への会計情報の提供を目的とする領域を対象としています。このような領域は、管理会計といわれています。管理会計論はこの管理会計を研究対象としています。企業の経営活動は、問題発見・問題解決、計画設定、戦略立案、意思決定および活動管理・評価などの具体的活動によって形成されています。管理会計は、これらの具体的な活動のそれぞれの場面において重要な役割を果たし、主として経営管理に役立つ会計情報の提供を目的としており、予測・問題発見・意思決定・評価に関する各種の手法の集合体といえます。そこで、毎回の講義では、この管理会計という体系(これを「道具箱」にたとえることができます)の中に含まれる具体的な個々の技法(つまり「道具箱」の中にある個々の道具)をそれぞれ取り上げ、管理会計のシステム・手法の利用にあたって具体的にどのような技法が用いられ、その際に会計情報(特にコスト情報)がどのように役立っているのかということについて、可能な限り最新の事例を取り上げて考えてみます。
 
授業計画
 各回の講義テーマとしては下記のような内容を予定していますが、講義の進行状況によっては若干前後することがあります。講義用のスライド資料は事前に入手できるようにdotCampus上に公開されていますので、各自が印刷するなどして、これをテキストの予習・復習に活用するようにしてください。毎回の予習としては、次回に予定されている講義内容に関するスライド資料に目を通すことと、そのスライドに示されている未知の用語については事前に自発的に調べておくことが必要であり、毎回の講義はこの予習を前提として進められます。講義内容の性質上、予習に増して復習が重要です。毎回の講義内容については必要に応じて復習用の演習事例をdotCampus上に公開しますので積極的かつ自発的に復習に取り組むようにして、知識を定着させるように心がけてください。なお、毎回の小テストの解説は、原則として翌週の講義の冒頭にておこないます。これらの内容は最終回のまとめのレポートにも直結する内容になっていますので、その都度復習して、知識を定着させるとともに、理解を深めるようにしてください。予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定しています。下記の授業計画(最終回を除く)は、テキストの前半部分の各章に対応しています。
 1. 管理会計の基礎知識(1)―全体のガイダンス:シラバスの記載事項の確認、管理会計と財務会計との相違を理解し管理会計の全体像をつかむ(テキスト第1章)
 2. 管理会計の基礎知識(2)―原価概念と利益概念を理解する(テキスト第1章) 
 3. 財務情報分析の目的と技法(1)―問題発見のためのツールを理解する(テキスト第2章)
 4. 財務情報分析の目的と技法(2)―問題発見のためのツールを使えるようにする(テキスト第2章)
 5. バランスト・スコアカード(1)―戦略設定のツールと目的を理解する(テキスト第3章)
 6. バランスト・スコアカード(2)―バランスト・スコアカードの構造を理解する(テキスト第3章)
 7. 短期利益計画のための管理会計(1)―利益管理のツールを理解する(テキスト第4章)
 8. 短期利益計画のための管理会計(2)―原価予測を使って意思決定する(テキスト第4章)
 9. 予算管理と責任会計(1)―予算と責任権限の関係、予算編成を理解する(テキスト第5章)
 10.予算管理と責任会計(2)―予算による活動管理と業績評価を理解する(テキスト第5章)
 11.資金管理とキャッシュフロー管理 —「資金」の実体とその流れを理解する(テキスト第6章)      
 12.まとめ —日本的管理会計の仕組み(別途講義資料配信)
 13. 課題レポート1:第1回から第6回までの内容に関する各種個別論点に関する問題(別途教材資料配信) 
14. 課題レポート2:第7回から第12回までの内容に関する各種個別論点に関する問題(別途教材資料配信)
  なお、上記13・14回は、所定の教材資料にもとづいて各自が課題に取り組み、それぞれ所定の期間内にweb上でのレポートを提出す
 ることを求めます。
 

 
授業運営
 毎回の講義には一つのトピックスがあり、このトピックスについての解説、場合によっては企業における最新事例の紹介あるいは計算事例による解説、また必要に応じて関連事項の補足というような内容が講義の大部分を占めることになります。講義では、毎回の講義テーマについてのスライド資料を使用し、必要に応じて教材を配付します。上記テーマに関連するテキストの該当部分の予習を前提として、講義の最初あるいは途中、場合によっては最後に、当日の講義内容に関連する複数回の「問題提示」および「webテスト」を毎回おこない、前者には即時解答を、後者には一部即時解答・その他は期限内解答を求めます。なお、スライド資料・教材は事前にdotCampus上に公開されますので、事前にダウンロード・ファイル保存するなどにより予習に活用してください。講義の直前・時間内でのダウンロードは、アクセス集中によりできない可能性があります。講義時間内の問題提示は、講義の進行に応じて随時おこない、一定時間内に解答を求めますので、適時・適切に対応してください。この解答内容によっては成績評価の対象になることがあります。また、問題提示への対応とwebテストの受験状況を成績評価の補助的な手段として利用しますが、問題提示への解答およびwebテストの解答内容そのものが重要な評価の対象であることはいうまでもありません。
 
評価方法
 今学期については、上記の授業計画に記されているようにオンデマンド方式の講義に対応する課題レポートの提出が2回あります。この他に、最終回にも課題を提示します。いずれの課題も適宜あらかじめdotCampusにて公開し、講義時にも告知をおこないますが、各自が忘れずに確認し、期限厳守で提出(もちろんdotCampus上)してください。これらの具体的な内容および提出についての詳細な情報は、初回講義時に提示・告知します。本講義の成績評価は、この2つの課題レポートの評価(35点満点×2)と最終回の課題の評価(30点満点)を基礎にしておこないます。ただし、この評価の対象者となるための条件は、講義中の問題提示およびwebテストでの解答提示により10回以上の出席が確認できることです。また、課題レポートの評価および最終回の課題の評価がすべて一定水準を超えている場合には、問題提示に対する解答内容およびwebテストの解答内容への評価も加味して成績評価をおこなうことがあります。
 
オフィスアワー
 火曜日・金曜日 12:30~13:10 この時間にdotCampus内にてメール対応。
 
使用書
奥山茂・田中弘・溝口周二『管理会計を学ぶ』[税務経理協会]2015年(増刷改訂)
 ISBN978-4-419-05429-8 講義用のスライド資料および使用書に含まれていない講義内容については必要な講義資料をその都度web上に公開します。
参考書
 開講時に指示します。
 
 
 
[前へ戻る]