[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経済情報処理
Information Processing of Economy 
 担当者
 Instructor
教授   工藤 喜美枝  後学期 月曜日1時限/月曜日2時限
講師   内村 研一  後学期 木曜日1時限/木曜日2時限
講師   奥田 麻衣  後学期 金曜日1時限/金曜日2時限
講師   神谷 久覚  後学期 月曜日3時限/月曜日4時限
      /水曜日3時限
講師   鴇田 彩夏  後学期 水曜日4時限/水曜日5時限
講師   豊田 紗綾  後学期 金曜日3時限/金曜日4時限
講師   橋本 悟  後学期 火曜日3時限/火曜日4時限
講師   眞中 今日子  後学期 火曜日1時限/火曜日2時限
講師   宮田 卓弥  後学期 木曜日3時限/木曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、経済学部生として必要最低限の表計算ソフト:Excelの操作および利用方法を修得することです。
 
授業内容 Course Content
経済学部で学ぶ上で不可欠なExcelの操作およびデータの扱い方について学習します。
経済学部ではデータを処理するツールとしてExcelの知識や操作を前提とする講義やゼミナールが少なくありません。そこで本講義では、データベース的な使い方も含めて経済学部の学生として知っておくべきExcelの操作とその利用について学びます。また、実習を通じて社会的または経済的なデータへの関心を喚起することも副次的な目的とします。 
なお、本講義では、Excel 2016を使用して演習を行います。
 
授業計画 Course Planning
前回の内容をきちんと理解できていないと、当該回の内容を理解することはできません。
予習としては、①テキストの該当ページを読み、②経済情報処理のホームページに掲載されている各回の「準備問題」を解くようにしてください。
復習としては、①経済情報処理のホームページ、テキストを使って、当該回の内容を再度確認し、何回も問題練習を行って確実に身につけるようにしてください。
なお、進捗状況などによっては、内容が前後することがあります。
※担当の先生によって講義の順序や取り扱う題材は異なる可能性がありますが、学修内容は同じです。 

01.ガイダンスとExcelの基本操作
  シラバスの内容確認、実習環境の準備・確認、メール、Excelの画面と基本操作
02.データの取り込み
  テキストデータとは、ダウンロードの方法、取り込み方、データの整形、オートフィルター、シート操作
03.データの分析
  テーブルとして書式設定、ピボットテーブル、条件付き書式
04.データの活用
  ピボットテーブル、ピボットグラフ
05.データの印刷
  データベースの印刷、ピボットテーブルの印刷、ピボットグラフの印刷、書式・表示形式など
06.グラフの作成
  グラフ作成の基本、グラフ要素、スパークライン
07.グラフの活用
  複合グラフ、グラフ要素の詳細な設定、散布図、予測、箱ひげ図
08.実技試験(1)とこれまでのまとめ
  試験を実施し、目標到達度を確認する。これまでの総復習を行う。
09.テーブルの作成
  入力規則、表示形式、テーブルとして書式設定、罫線、書式
10.数式と簡単な関数
  四則計算、計算式のコピー、SUM・AVERAGE・COUNT・MAX・MIN関数
11.数式の修正と効率的な計算
  数式の修正方法、絶対参照、様々な関数(IF、COUNTIF、VLOOKUP、ROUND、INT関数など)
12.エラー回避と関数の組み合わせ
  複合参照、関数の組み合わせ、エラーの回避方法
13.関数の使いこなしと総合問題
  範囲に名前、関数ライブラリの利用。総合問題を解くことによりこれまでを振り返って学んだことを再確認し定着を図る。
14.実技試験(2)と総まとめ
  試験を実施し、目標到達度を確認する。これまでの総まとめを行う。

 
授業運営 Course Management
経済情報処理Ⅰの履修を前提として講義を行います。経済情報処理Ⅰと同様、毎回出席していることを前提とします。講義中の態度も重視しますので注意してください。講義の進め方としては、まず操作方法について担当教員が説明し、その後各自課題に取り組むという形式で行います。担当教員のほかにアシスタントが配置されますので、分からないことがあれば、担当教員ないしはアシスタントに積極的に質問をしてください。 
なお、 本科目は履修制限科目です(定員:原則として1クラス40名)。定員を超えた場合は、抽選により履修曜日・時限が決定されます。履修を許可された曜日・時限以外では受講できません。

 
評価方法 Evaluation Method
授業内提出を含めた課題:40%、実技試験:60%  計:100%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
担当教員によって若干異なりますが、全クラスとも授業終了時には質問を受け付けます。クラスごとの詳細は初回講義時にアナウンスします。
 
使用書 Textbook (s)
小川浩・工藤喜美枝・五月女仁子・中谷勇介『データ処理・レポート・プレゼンテーションとOffice2016』[ムイスリ出版]2017

参考書 Book (s) for Reference
社会・経済データに関するプリントやファイルを配布します。 
 
 
 
[前へ戻る]