[前へ戻る]
   

 授業科目 比較法
Comparative Law
 担当者
教授   小森田 秋夫  前学期 木曜日3時限
 単 位 2

到達目標
「比較法」という講義科目の役割は、〈日本〉の〈現在〉の法のあり方を所与のものとして無批判に受入れるのではなく、相対化して見る眼を養うことにある。
 法律家は、第一義的には現行法を前提に、それを解釈・適用して問題を解決するわけであるが、場合によっては立法的解決を視野に入れなければならない場合もあるだろう。そのさいには、多かれ少なかれ比較法的視野が必要になる。また、渉外事件をはじめ、外国法の知識が求められる事件も増えている。特定の外国法についての具体的な知識は必要に応じて身につけるほかはないが、あらかじめ比較法的な視野をもっていることは、そのさいの助けになる。
 現在の日本の法のあり方を相対化して見る眼を養うという役割をもつという点は、他の基礎法科目も同様であるが、「比較法」はこのような役割を(諸外国との)〈比較〉というアプローチを通じて果たすことになる。
 この講義の到達目標は、以下のとおりである。

 (1)受講生が世界の主な国々(欧米諸国だけではなく、旧社会主義国や東アジア諸国を含む)が、司法という角度から見てどのような特徴をもっているかについて、大づかみな認識を得ること。

 (2)受講生がそれらの司法のあり方が、経済や政治や文化のあり方と関連しながら歴史的に形成されてきたものであることを理解すること。

 (3)受講生が司法は一国の単位でのみ成立しているのではなく、個々の国家を超えた司法の仕組みも存在することを理解すること。

 (4)以上を踏まえて、受講生が法の機能する重要な場のひとつが裁判所をはじめとする司法のあり方である以上、それがどのような仕組みで動いているかについての理解が不可欠であることを一層自覚し、日本の司法が比較法的に見てどのように位置づけられるかについて関心をもつようになること。
 
授業内容
 世界の主要国の司法制度をいくつかの角度から比較し、日本の司法制度の比較法的位置について考える手がかりを提供する。
 
授業計画
 (1)予定している各回のテーマは、以下のとおりである。できるだけ各回ごとに完結させるよう努めるが、必ずしもそのようにならない場合もありうる。

 (2)レジュメにあらかじめ目を通しておくことが予習となる。

 (3)講義は勉強の手がかりに過ぎないので、参考文献リストなどを参考に、関心をもった国やテーマについてさらに勉強を深めてほしい。
 参考文献リストは、http://ruseel.world.coocan.jp/ComparativeLawBib.htmにある。

 (4)常日頃から日本における司法の動向に関心を払うことを期待する。

1.日本の司法はどのような問題を抱えているか――「司法制度改革審議会意見書」にもとづく司法改革
2.裁判所体系と司法権――一元型と多元型
3.違憲審査制――付随的審査制と抽象的審査制
4.法律家(1)――法曹三者の相互関係と法曹養成
5.法律家(2)――裁判官
6.法律家(3)――弁護士
7.訴訟手続――刑事訴訟を中心に
8.司法への市民参加――陪審制と参審制
9.中間的まとめ――映画『日独裁判官物語』を観る
10.国境を超える司法(1)――国際司法裁判所・仲裁裁判所・国際刑事裁判所
11.国境を超える司法(2)――欧州人権裁判所と欧州司法裁判所
12.体制変動と司法改革(1)――ロシアの場合
13.体制変動と司法改革(2)――東アジアの場合
14.日本の司法改革(1)――近代的司法の形成
15.日本の司法改革(2)――戦後改革から「司法制度審議会意見書」まで
 
授業運営
 配布するレジュメにもとづいて講義を行なう。
 受講者には、各回のテーマについて、日本または(および)それぞれが関心をもっている国との比較という観点から、発言してもらう。

 
評価方法
 定期試験(70%)および平常点(30%)によって評価する。平常点は、授業時間内における発言の状況などによる。
 
オフィスアワー
 火曜日の12時10分~12時50分。
 そのほかの時間でも、在室していれば差し支えない限り応対する。
 研究室は17号館518号室。
 

参考書
木佐茂男ほか『テキストブック 現代司法』第5版[日本評論社]2009年
広渡清吾編『法曹の法社会学』[東京大宇出版会]2003年

 
 
 
[前へ戻る]