[前へ戻る]
   

 授業科目 民法(債権各論)
Civil Law(Obligations-Contracts/Negotiorum Gestio/Unjust Enrichment/Torts)
 担当者
教授   鶴藤 倫道  後学期 火曜日4時限-水曜日1時限
 単 位 4

到達目標
 債権各論(契約・事務管理・不当利得・不法行為)の領域を扱う。前期の債権総論についての基本的知識が身に付いていることを前提に、受講生が個別の債権発生原因について、債権総論との関係を意識しながら、体系的知識を基礎として身につけること、また、その上で、個々の制度についての趣旨を十分に理解することが目的となる。
 
授業内容
 債権各論の領域について、体系的知識を基礎として身につけるために、契約総論・契約各論・事務管理・不当利得、不法行為の順(民法典の条項の順)に進められるが、その前提として、債権総論の内容を若干の回数で復習することから始められ、債権各論に進んでも、折に触れ、債権総論と関連づけて説明する。個々の制度については、制度趣旨を中心に、また、それを踏まえて要件・効果がどのように定められているのかを説明する。
 
授業計画
第1回 債権総論の復習(その1)-債権の意義と目的
第2回 債権総論の復習(その2)-債権の効力
第3回 債権総論の復習(その3)-責任財産の保全
第4回 債権総論の復習(その4)-人的担保制度
第5回 債権総論の復習(その5)-債権・債務の移転(債権譲渡・債務引受・契約上の地位の移転)
第6回 債権総論の復習(その6)-債権の消滅
第7回 契約の成立(その1)-債権発生原因の概観・契約の意義と分類
第8回 契約の成立(その2)-(売買)契約の成立・売買の予約
第9回 契約の成立(その3)-手付け
第10回 契約の効力(その1)-成立上の牽連関係(原始的不能、契約締結上の過失理論とその拡張)
第11回 契約の効力(その2)-履行上の牽連関係(同時履行の抗弁権)・存続上の牽連関係(危険負担)
第12回 契約の効力(その3)-第三者のためにする契約
第13回 契約の解除
第14回 売買(その1)-売主の義務を中心に
第15回 売買(その2)-特殊な売買
第16回 賃貸借(その1)
第17回 賃貸借(その2)(借地借家法上の定めを含む)
第18回 消費貸借(金銭消費貸借を中心に)
第19回 信用供与型の契約(割賦販売・クレジット契約・リース契約)
第20回 役務提供型の契約(雇用・請負・委任など)
第21回 無償契約(贈与・使用貸借など)
第22回 その他の契約(組合・和解など) 
第23回 事務管理
第24回 不当利得(その1)-不当利得法総論
第25回 不当利得(その2)-給付利得類型・侵害利得類型
第26回 不当利得(その3)-多数当事者間の不当利得
第27回 不法行為(その1)-不法行為法序説・一般不法行為の要件(その1)
第28回 不法行為(その2)-一般不法行為の要件(その2)・不法行為の効果
第29回 特殊な不法行為(その1)
第30回 特殊な不法行為(その2)(運行供用者の責任、製造物責任等を含む)
 
授業運営
 法学未修者が対象となるため、主として講義形式となるが、理解・検討すべき事柄を記したレジュメ(問答形式)をあらかじめ配布し、予習を促し、それをもとに学生に答えてもらい、対話しながら講義を進める。知識の確認のため、随時レポートを課し、また小テストを行う。
 
評価方法
 次のような諸点を勘案し、総合評価する。試験による評価70%、平常点(授業時の質問への応答、課題、小テストなど)による評価30%。
 なお、再試験受験者については、試験による評価70%(うち、定期試験の評価50%、再試験の評価50%)、平常点による評価30%とする。
 
オフィスアワー
 学期始めにe-Learningにより別途伝える。
 
使用書
内田貴『民法Ⅱ 債権各論』第2版[東京大学出版会]2005年
窪田充見『不法行為法』[有斐閣]2007年
その他については授業の最初に紹介し、より専門的なものは授業のそれぞれのところで指示する。
参考書
中田裕康 ・窪田充見 (編)『民法判例百選Ⅱ 債権』第7版[有斐閣]2015年
奥田昌道・安永正昭・池田真朗(編)『判例講義民法Ⅱ 債権』第2版[悠々社]2014年
その他については授業の最初に紹介し、より専門的なものは授業のそれぞれのところで指示する。
 
 
 
[前へ戻る]