[前へ戻る]
   

 授業科目 民事実務
Civil Trial Practice
 担当者
教授   澤田 久代  後学期 木曜日1時限
 単 位 2

到達目標
 受講生が民事訴訟手続の具体的イメージをつかんだ上で,訴訟手続上必要な訴訟技術の基礎を身につけることを目標とする。
 
授業内容
 民事事件関係での仕事は法律相談から始まり,依頼事件の内容に応じてその事件に適した紛争解決制度を選択する。そして,訴訟制度を利用する場合には,訴状を作成することになる。
 民事訴訟においては,いかなる事実が法的に重要か(要件事実),争いとなっている事実をどのように確定するか(事実認定)が問題となる。そこで,具体的事例を題材としてそれらについての基礎的理解を得させるとともに,具体的な起案や模擬裁判などを実施することで,民事基礎科目で習得した法的知識を紛争解決の道具として用いるための理論と実務の架橋の役割を意図するものである。
 
授業計画
第1回 民事紛争プロセスと手続の流れ
1 民事紛争解決プロセス
2 相談・面接と弁護士による交渉
3 民事保全手続と民事訴訟の提起・追行
4 民事執行

第2回 法律相談と民事保全手続
1 通知書の事前起案とその講評
2 弁護士の相談・面接
3 内容証明郵便と弁護士による交渉
4 資料(証拠の収集)と法的手段の選択
5 民事保全について

第3回 民事訴訟の提起
1 訴状の事前起案とその講評
2 要件事実の基礎(1)
3 原告からの事情聴取と訴状の作成及び証拠の提出
4 訴状の受付から期日の指定まで

第4回 被告の応訴
1 答弁書の事前起案とその講評
2 要件事実の基礎(2)
3 被告からの事情聴取と答弁書の作成

第5回 民事訴訟と要件事実
1 訴状・答弁書の事前起案とその講評
2 上記事案についての訴訟物と要件事実(3)

第6回 第1回口頭弁論手続及び弁論準備手続
1 訴訟審理についての概説
2 争点整理手続の概説

第7回 口頭弁論手続と弁論終結
1 口頭弁論手続
2 弁論準備手続期日における争点整理
3 弁論準備手続の結果陳述と証拠調べ
4 弁論終結

第8回 事実認定から判決言渡しまで
1 心証形成の基本
2 裁判官の思考
3 事実認定と判決書の作成


第9回 模擬裁判の準備期日(1)
1 模擬裁判についての説明と班編成等
2 事案についての班別打合せ会議

第10回 模擬裁判の準備期日(2)
1 模擬裁判における訴状の起案と事前提出
2 班別打合わせ会議
3 模擬裁判に関する指導

第11回 模擬裁判の準備期日(3)
1 模擬裁判における答弁書の起案と事前提出
2 判別打ち合わせ会議


第12回 模擬裁判(1)
1 弁論手続(主張関係を中心に)

第13回 模擬裁判(2)
1 弁論手続(証拠調べ関係を中心に)


第14回 模擬裁判(3)及び上訴手続
1 模擬裁判における判決言渡し
2 模擬裁判の全般的講評
3 上訴手続

第15回 民事実務の総括
1 和解条項(案)の事前起案と提出
2 民事裁判・民事弁護実務全般について
 
授業運営
 予め設例を提示し,模擬裁判を含めて複数回の起案を予定している。毎回の授業は予習及び指定した起案を前提とし,主として起案した事案と指定した教科書の事案に関する質疑応答,双方向での議論を重ねることで,民事訴訟実務上の基本的な起案能力を身につけることを目的としている。また,要件事実論と事実認定の基礎的な理解を通じて,民事訴訟手続法と民事実体法との関係を立体的に学習できるような工夫を試みている。
 
評価方法
 50%は定期試験の結果により,50%は授業での平常点(授業中の発言やレポート、小テスト 等)によって評価する。
 
オフィスアワー
授業後に適宜受け付ける。また、メールでも受け付ける。
 
使用書
加藤新太郎他3名『民事訴訟実務の基礎<第三版>』[弘文堂]


 
 
 
[前へ戻る]