[前へ戻る]
   

 授業科目 刑事法演習
Criminal Law and Procedure Seminar 
 担当者
教授   近藤 和哉  後学期 土曜日2時限/土曜日4時限
教授   白取 祐司  後学期 土曜日2時限/土曜日4時限
教授   仁平 正夫  後学期 土曜日2時限/土曜日4時限
教授   古田 佑紀  後学期 土曜日2時限/土曜日4時限
 単 位 2

到達目標
 受講生が刑法および刑事訴訟法上の諸問題について、より実践的な問題解決能力を獲得することを目標とする。
 
授業内容
 刑事実体法、刑事訴訟法それぞれに関連する問題について、学生諸君の報告書等を素材とした演習を行う。
 
授業計画
 刑法に関する問題と刑事訴訟法に関する問題とを取り上げる。現在予定されている授業の概要は以下の通り(変更の可能性もある)。詳細は、予習の指示とともに、講義の約1週間前までに、e-Learning上にアップする。

1 未遂罪の成否
2 窃盗被疑事件
3 自白法則
4 詐欺罪の成否
5 接見交通権
6 別件逮捕・勾留
7 詐欺罪の成立要件としての不法領得の意思の存否
8 証人尋問における不相当な尋問
9 おとり捜査
10 不作為による殺人罪の成否
11 遺棄罪
12 強制採尿、強制採血
13 正当防衛の成否
14 強制執行妨害罪
15 訴因変更の要否

 
授業運営
 学生諸君による積極的な発言と議論、教員による適宜の指導とによって、演習を進めていく。
 
評価方法
 試験による評価40%、平常点(演習中の発言および提出物が求められた場合にはその内容により評価する)による評価60%。
 
オフィスアワー
学期はじめに事務を通じて掲示する。
 


 
 
 
[前へ戻る]