[前へ戻る]
   

 授業科目 刑事訴訟法
Criminal Procedure Law
 担当者
教授   白取 祐司  前学期 金曜日2時限-金曜日3時限
 単 位 4

到達目標
受講生が刑事手続全般について基礎的な知識をを身につけるとともに、その知識を用いて具体的な論点について検討し、自分なりに解答を導きだすことのできるだけの力を身につけることを目標とする。
 
授業内容
刑事手続の流れに沿って、刑事訴訟法の基本的事項を講述する。刑事訴訟法の条文、判例、学説についての説明はもちろんだが、基本的な考え方、基本原則の背景にある考え方、理論上、実務上の対立点についても可能な限り概説する。
 
授業計画
第1回 刑事訴訟法の意義と基本的考え方
第2回 刑事訴訟法の関与者
第3回 捜査の意義・捜査の基本原則
第4回 捜査の端緒・職務質問・所持品検査
第5回 任意捜査の限界・おとり捜査など
第6回 令状主義と捜索・差押え
第7回 令状執行の適正化・通信傍受
第8回 強制採尿・逮捕と勾留
第9回 別件逮捕・勾留・被疑者の取調べ
第10回 被疑者の弁護人依頼権・黙秘権・接見交通権
第11回 公訴権と公訴の基本原則・不当な起訴への抑制
第12回 不当な不起訴への抑制・訴訟条件・訴因
第13回 公訴提起の形式と効果・必要的弁護・保釈
第14回 公判前整理手続と証拠開示
第15回 訴因変更について
第16回 公判の諸原則・公判手続・被害者参加制度
第17回 証拠法総論・証拠裁判主義・自由心証主義
第18回 挙証責任・法律上の推定・証拠調べ手続
第19回 証人尋問・証人保護・被告人質問
第20回 証拠の関連性・科学的証拠の総論と各論
第21回 違法収集証拠排除法則
第22回 自白法則と補強法則
第23回 共犯者の自白・伝聞法則総論
第24回 伝聞例外の体系と検証調書・鑑定書
第25回 伝聞不適用と伝聞供述
第26回 証拠法のまとめ・証拠法応用問題
第27回 裁判の意義と裁判の成立
第28回 裁判の効力・既判力・二重の危険
第29回 復習その1:事例研究①(捜査・公訴)
第30回 復習その2:事例研究②(公判・証拠)
 
授業運営
受講者は,授業の前に教科書の指定されたページを読了し、事前に配布されるレジュメとそこに示される「確認問題」を予習のうえ授業に臨むこと。
 
評価方法
定期試験(筆記試験)の配点が70%,途中で行うミニテストの配点10%、授業における教員からの質問への回答状況など平常点が20%を目安として総合的に評価する。試験については、実施後に答案のコピーを配布し、解説を行う。
 
オフィスアワー
授業後に適宜受け付けする。その他、メールによる予約も可。

 
使用書
白取祐司『刑事訴訟法』第7版[日本評論社]2012年

参考書
授業の最初の時間、およびその都度指示する。
 
 
 
[前へ戻る]