[前へ戻る]
   

 授業科目 民事法演習
Civil Law and Procedure Seminar 
 担当者
教授   鈴木 義仁  前学期 水曜日1時限/水曜日2時限
教授   鶴藤 倫道  前学期 水曜日1時限/水曜日2時限
 単 位 2

到達目標
 契約の成立から履行、終了までの各場面についてを検討する。受講生は多数の論点や諸説に分布あるいは変遷のある論点を含む設例について全員で討論し、条文や理論の理解を深める【事例演習】と、実際の裁判例を使って、事実関係をめぐる各当事者の主張、裁判所の事実の認定、その法的評価等を客観的に把握し、さらに各級審間での判断の相違や判例・学説との対立等について検討する【判例演習】の二方式を交えながら、専門的な法知識を確実に習得すると同時に、その紛争解決の道具としての使い方を身につけることを目標とする。

 
授業内容
 民法(特に財産法)の体系的知識を身につけていることを前提に、民法財産法のうち、「動産売買法」で括りうる範囲で、契約の成立から履行、終了までの各場面についてを検討する。
 
授業計画
 第1回 売買契約の成立(その1)-契約の成立と契約の解釈【判例演習】

 第2回 売買契約の成立(その2)-契約締結上の過失【事例演習】

 第3回 売買契約の成立(その3)-無権代理【事例演習】

 第4回 売買契約の成立(その4)-無権代理【判例演習】

 第5回 売買契約の成立(その5)-使者による意思表示・履行補助者の過失【事例演習】

 第6回 売買契約の成立(その6)-予約と手付【判例演習】

 第7回 契約当事者の確定【事例演習】

 第8回 契約の無効・取消-意思表示に問題がある場合(その1)(意思の欠缺を中心に)【事例演習】

 第9回 契約の無効・取消-意思表示に問題がある場合(その2)(瑕疵ある意思表示を中心に)【判例演習】
 
 第10回 契約の履行(その1)-買主の引取義務(受領遅滞)を中心に【事例演習】

 第11回 契約の履行(その2)-盗品・遺失物の取引における動的安全の保護と静的安全の保護【判例演習】

 第12回 契約の履行(その3)-債務不履行の場合の処理(解除を中心に)【事例演習】

 第13回 動産を借りる-リースを中心に【事例演習】

 第14回 弁済-過払金の充当【事例演習】

 第15回 時効について【事例演習】


 
授業運営
 条文や理論の理解を深める【事例演習】と、実際の裁判例を使って、事実関係をめぐる各当事者の主張、裁判所の事実の認定、その法的評価等を客観的に把握し、さらに各級審間での判断の相違や判例・学説との対立等について検討する【判例演習】の二方式を交えながら、双方向でのゼミ形式で行われる。【事例演習】は研究者教員(鶴藤)が、【判例演習】は実務家教員(鈴木)が、主担当としてゼミの進行を行うが、【事例演習】においては実務家教員が、【判例演習】においては研究者教員が、適宜、質疑応答に加わり、コメントをする。
 毎回、予め指示した判例・文献の予習を前提に、論点につき学生が自ら考える機会を可能な限り多く与える授業を目指す。理解度を確認するため、必要に応じて課題を出し、レポートの提出を求める。


 
評価方法
 授業時の質問への応答、レポートなどを総合した平常点を50%、期末の試験の得点を50%の割合で評価する。
 
オフィスアワー
 各担当者ごとに、学期始めにe-Learningにより別途伝える。
 
使用書
 特定のテキストは指定せず、そのつど、判例・文献を指示して予習させる。
参考書
 特定のテキストは指定せず、そのつど、判例・文献を指示して予習させる。
 
 
 
[前へ戻る]