[前へ戻る]
   

 授業科目 修士論文指導
Thesis Supervision
 担当者
教授   山本 通  通 年 火曜日4時限
教授   池上 和夫  通 年 金曜日3時限
教授   大林 弘道  通 年 月曜日5時限
教授   岡村 勝義  通 年 木曜日2時限
教授   中野 宏一  通 年 火曜日3時限
教授   清田 邦弘  通 年 土曜日2時限
教授   後藤 晃  通 年 水曜日1時限
教授   大澤 定順  通 年 木曜日2時限
教授   上沼 克徳  通 年 木曜日3時限
教授   鳴瀬 成洋  通 年 木曜日5時限
教授   奥山 茂  通 年 金曜日1時限/金曜日2時限
教授   森泉 陽子  通 年 月曜日5時限
教授   小山 和伸  通 年 土曜日2時限
教授   小林 康宏  通 年 火曜日5時限
教授   田島 佳也  通 年 土曜日5時限
教授   稲津 一芳  通 年 金曜日3時限
教授   的場 昭弘  通 年 火曜日6時限
教授   戸田 龍介  通 年 木曜日1時限
教授   佐藤 孝治  通 年 月曜日5時限
教授   田中 弘  通 年 月曜日5時限
教授   渡部 照洋  通 年 金曜日1時限
教授   齊藤 実  通 年 木曜日5時限
教授   松村 敏  通 年 火曜日2時限
教授   秋山 憲治  通 年 土曜日3時限
教授   戸田 壯一  通 年 火曜日4時限
教授   数阪 孝志  通 年 月曜日5時限
教授   兼子 良夫  通 年 木曜日1時限
教授   酒井 良清  通 年 木曜日4時限
教授   谷沢 弘毅  通 年 火曜日2時限
教授   山本 博史  通 年 木曜日3時限
准教授 北村 隆之  通 年 土曜日3時限
准教授 吉岡 忠昭  通 年 月曜日3時限
准教授 山口 拓美  通 年 月曜日5時限
准教授 佐藤 睦朗  通 年 火曜日5時限
准教授 柳澤 和也  通 年 月曜日5時限
准教授 清水 俊裕  通 年 月曜日4時限/木曜日5時限
准教授 玉井 義浩  通 年 金曜日2時限
准教授 川村 哲也  通 年 月曜日5時限
准教授 西村 陽一郎  通 年 月曜日1時限
准教授 小川 浩  通 年 木曜日1時限
准教授 八ッ橋 治郎  通 年 火曜日3時限
准教授 三島 斉紀  通 年 水曜日1時限
准教授 飯塚 信夫  通 年 火曜日5時限
准教授 横川 和穂  通 年 火曜日4時限
准教授 山本 崇雄  通 年 月曜日3時限
 単 位 4

到達目標
 本演習は,ディプロマ・ポリシーに記されたような能力を身につけ,水準の高い修士論文の執筆を目標とする。
 
授業内容
 本演習は,博士前期課程学生を対象として,修士論文作成に際しての研究方法について指導し,研究経過と中間的成果に対して助言,指導を行う。
 
授業計画
 下記の授業計画は,一応の目安である。項目ごとの授業回数は,受講生の人数および習熟度によって変わる。
前期
1.テーマの設定方法(2回)
2.先行研究の収集方法(3回)
3.先行研究の整理方法(4回)
4.テーマの再検討(3回)
5.論文構成の設定方法(3回) 
後期
1.図表の作成方法(3回)
2.文献の引用方法と参考文献表記方法(2回)
3.文章の表現方法(4回)
4.中間審査報告の作成方法(2回)
5.論文構成の再検討(4回)

 
授業運営
 履修者に適宜研究報告を求め,研究史のサーベイの仕方,課題設定の仕方,資料の集め方,資料の読み方,論理展開の仕方等を指導する。また必要に応じて,履修者とともに学術論文を読み進めながら,問題の所在の把握を試みる。

 
評価方法
 研究への姿勢はもちろん,研究能力の到達水準で評価する。
 
オフィスアワー
 各教員に問い合わせられたい。
 
使用書
 授業時間中に随時指示する。
参考書
 授業時間中に随時指示する。
 
 
 
[前へ戻る]