[前へ戻る]
   

 授業科目 比較法
 
 担当者
教授   小森田 秋夫  前学期 月曜日3時限
 単 位 2

授業内容
 「比較法」という講義科目の役割は、<日本>の<現在>の法のあり方を所与のものとして無批判に受入れるのではなく、相対化して見る眼を養うことにある。相対化したうえで、それにどのような態度をとるのか―例えば、法というものの性質やそれを動かす仕組みをよく理解したうで賢くそれを用いる、必要があると考える場合はそれを変えるよう努力する、など―について、将来、法律専門家になるのか一市民として法に向き合うことになるのかによって同じではないとはいえ、いずれにしてもひとりひとりの主体的な判断が求められる。現在の日本の法のあり方を相対化して見る眼を養うという役割をもつという点は他の基礎法科目も同様であるが、「比較法」はこのような役割を(諸外国との)<比較>というアプローチをつうじてはたすことになる。
 「比較法Ⅰ」は、新しい論点を取り入れながら、比較法という学問が取り組んできた総論的な問いについて考える。
 
授業計画
1.比較法とはどのような学問か
2.世界の法をどのように比較するか
3.大陸法と英米法(1)―両者はどのように異なるか
4.大陸法と英米法(2)―どのようにして区別が生まれたか、区別はどの程度いまなお意味をもっているか
5.資本主義と法―資本主義の歴史と法とはどのように関連しているか
6.社会主義と法―社会主義の理念は法にとってどのような意味をもち、どのように具体化されたか
7.アジア法(1)―「アジア法」とは何を指すか
8.アジア法(2)―現代中国の法はどのような要因によって特徴づけられているか
9.法の空間的移転(1)―「法の継受」とは何か、法を外国から導入することは可能か
10.法の空間的移転(2)―「法整備支援」とは何か、誰が誰に何を支援するのか
11.法の統一(1)―法を世界的に統一する試みとしてどのようなものがあるか
12.法の統一(2)―代表的な地域統合の事例である欧州連合の法的しくみはどのようなものか
13.比較法の視点から見て日本法はどのように位置づけられるか
14.まとめ

 
授業運営
 配布するレジュメにもとづいて講義を行なう。
 受講者の関心や理解度を確かめ、講義の参考にする目的で、適宜アンケートを行なうことがありうる。
 質問は授業の終了後にメモの形で提出してもらい、できるだけ次回の講義時に答える、というやり方をとる。受講者全員で内容を共有することが目的である。これとは別に、オフィスアワーを利用することは差し支えない。
 
 
評価方法
 期末試験による。
 講義への出席状況は評価の対象としないが、講義を通して聞くことなしによい評価を受けることは困難である、と考えておいてほしい。
 
オフィスアワー
 月曜日4時限(できるだけ事前に予告することが望ましい)
 

参考書
滝沢 正『比較法』[三省堂]2009
広渡清吾『比較法社会論研究』[日本評論社]2009
大木雅夫『比較法講義』[東京大学出版会]1992

 
 
 
[前へ戻る]