[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
アカデミックライティング
Academic Writing 
 担当者
 Instructor
助教   鈴木 進一  後学期 木曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は、受講生が日本語で研究発表要旨や学術論文を書く際に、心得ておかなければならない、➀論文の基本的体裁や論理の展開パターン、➁論文でよく使われる表現や文型を習得することである。
 
授業内容
毎回授業において、テーマに沿った課題に取り組み、その結果を分析しながら、論文の基本的体裁や論理の展開パターン、論文を書く際に必要な表現や文型を習得していく。今学期は特に、受講生が実際に書いた論文をできるだけ多く取り上げて、問題点を発見しそれらをどのように解決したらよいか議論し、理解を深めていく。
 
授業計画
各回の授業で行う課題は、各自がその時点で持っている知識をもとに行ってほしいので、予習よりも復習に力を注いでほしい。復習の時間としては2時間を予定している。授業で学習したことをよく理解し、疑問点があれば次回の授業で質問できるように整理してほしい。

01.ガイダンス シラバスの記載事項について確認する。
  研究テーマの説明について

02. 課題の提示について

03. 先行研究の紹介、先行研究の問題点の指摘について

04. 研究目的の提示、研究方法の説明について

05. 定義、分類、選択について

06. データの説明(1)数値の大きさについて

07. データの説明(2)変化について

08. データの説明(3)対比、比較について

09. 判明事項の指摘、原因の考察について

10. 予測、存在の指摘について

11. 列挙、引用、同意/反論について

12. 帰結、換言、補足について

13. 結論の提示、研究の評価について

14. 今後の課題、謝辞、注、文献について
 
授業運営
基本的に、毎回授業のテーマに沿った課題に取り組んでもらい、各自が出した結果について討論したり、教師が助言を与えたりしながら進めていく。
 
評価方法
数回の授業後、授業内容の理解度を確認するテストを学期中複数回行い、その結果を平均して評価する。
全講義数の3分の1を超えて欠席した場合、すなわち5回以上欠席の場合は評価の対象にならない。

 
オフィスアワー
質問や指摘は、授業直後ならばその場で受け付ける。それ以外の時間ならば、基本的に月曜から木曜の2限から5限までの授業の空き時間に、20号館425研究室で受け付ける。
 

参考書
アカデミック・ジャパニーズ研究会編『大学・大学院 留学生の日本語4論文作成編』[アルク]

 
 
 
[前へ戻る]