[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
生産マネジメント工学特論
Operations Management and Industrial Engineering
 担当者
 Instructor
准教授 佐藤 公俊  前学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は受講者が、以下の内容を学習し、習得することである。
①生産マネジメントシステムの基礎概念、②サプライチェーンマネジメントの理論、③閉ループ型生産システム、④システムのモデル化と解析
 
授業内容
生産システムにおいては,調達-製造-物流-販売といった各部門の管理に加え、一連のサプライチェーンを考慮した全体のマネジメントも要求される。また、今日では環境問題にも配慮し,販売後の製品回収,廃棄等についても考慮しなければならない。本講義では,生産活動における各種管理手法の考え方と活用法を解説するとともに、サプライチェーン全体を通したマネジメントシステムについても議論する。
 
授業計画
以下の内容を予定しているが、進捗状況により若干前後することがある。
予習としては事前に与えられる資料を熟読して講義の討論に参加できるように準備しておくこと。
復習としては、学習した内容について今後実務で活用できるように理解を深めておくこと。

1.はじめに 生産活動とマネジメントシステム
2.システムのモデル化と解析(1)確率モデル
3.システムのモデル化と解析(2)時系列分析
4.システムのモデル化と解析(3)システムモデリング
5.生産システムマネジメント(1)システムの特性と性能評価
6.生産システムマネジメント(2)最適生産政策
7.統合的生産マネジメント(1)MRPシステムの基礎概念
8.統合的生産マネジメント(2)MRPシステムの特徴
9.統合的生産マネジメント(3)JIT生産システムの基礎概念
10.統合的生産マネジメント(4)かんばん方式と理論的解析
11.閉ループ生産システム(1)分解工程モデル
12.閉ループ生産システム(2)回収と修復
13.閉ループ生産システム(3)再生産システム
14. まとめ 本講義の総括 
 
授業運営
毎回出席をとり,各テーマに関する演習課題やディスカッションを交えながら講義を進める。
 
評価方法
授業での討論内容,レポート課題等で総合的に評価する。
 
オフィスアワー
授業終了後、その場で質問等を受け付ける。
 
使用書
田村隆善、大野勝久、中島健一、小島貢利『新版 生産管理システム』[朝倉書店]2012
松井正之、藤川裕晃、石井信明『需給マネジメント―ポストERP/SCMに向けて』[朝倉書店]2009


 
 
 
[前へ戻る]