[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
比較言語文化特殊講義H1
Lectures in Comparative Linguistics and Cultures H1
 担当者
 Instructor
准教授 山根 麻紀  前学期 火曜日2時限/火曜日6時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
欧米言語文化専攻のカリキュラム・ポリシーに従い、以下を到達目標とする。
本講義の到達目標は、受講生が;
1. 生成文法派の言語習得研究(母語習得および第二言語習得)の基本的な手法を学ぶこと
2. 生成文法派の言語理論を、言語習得者の文法についての研究仮説に応用する力を身につけること
の2点である。
この目標は、外国語研究科のカリキュラム・ポリシーにある「言語および言語教育に関連する分野についての基礎知識と理論的探究能力の養成」に合致するものである。
 
授業内容
生成文法派の言語理論は、ヒト固有の特徴である言語がどのようなものかを探り、その共通項(原理)に基づきながら個別言語のバリエーション(パラメータ)を説明しようとするものである。この言語理論に基づく言語習得研究は、「ある言語の獲得過程にある人の文法はどのような形をしているか」・「言語Aが母語で言語Bを習得中の人の中間文法では、両言語のパラメータがどのように相互作用しているか」等の問題を扱うものである。
この講義では、まず生成文法の統語理論を学び、次にそれがどのように言語習得研究に反映されているかを扱う。その中で、受講者独自の研究課題の発見・発展を目指してディスカッションを行う。
 
授業計画
受講者は使用書の分担箇所のレジュメを作成し、発表の準備をしてくること。

01. シラバスの確認/生成文法派言語学の基本概念
02. WH移動1:長距離WH移動
03. WH移動2:関係節
04. WH移動の習得1:母語習得の場合
05. WH移動の習得2:成人第二言語習得の場合
06. WH移動の習得3:WH移動の習得のまとめ
07. NP移動:受動態構造
08. NP移動の習得1:Maturation Hypothesis
09. NP移動の習得2:Continuity Hypothesis
10. NP移動の習得3:NP移動の習得のまとめ
11. Control 理論:コントロール理論
12. Control の習得1:母語習得の場合
13. Control の習得2:第二言語習得の場合
14. Control の習得3:Control の習得のまとめ
 
授業運営
受講者が使用書の担当部分の内容をレジュメにまとめ、発表する。それに基づいてディスカッションを行い、言語理論および言語習得論についての理解を深めてゆく。
 
評価方法
レジュメと発表によって評価する。
 
オフィスアワー
木曜日12〜13時 於山根研究室
 


 
 
 
[前へ戻る]