[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
科学英語
Academic English for Science
 担当者
 Instructor
教授   渡辺 毅  前学期 金曜日1時限
講師   畑中 泰道  前学期 金曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、理学系大学院生が英文の学術論文・文献を読んだり、英語で論文を執筆したりするなど、研究を進める上で必要となる科学英語を習得することである。
 
授業内容 Course Content
この講義では、実際に英文科学論文を読み進めながら、必要な文法と語彙力の強化を図る。また、あわせて英語による科学論文の執筆の基礎を修得する。
学部レベルの一般英語および科学技術英語を修得していることを前提とするが、特に、多くの理系学生の弱点になりがちな長文の内容把握力と科学論文で使用される抽象的な語彙について強化を図る。
 
授業計画 Course Planning
下記のように予定しているが、進捗状況により内容は前後する。
01. ガイダンス・科学英語の学び方
02. 科学論文読解 前置詞+名詞リスト/関係代名詞(制限用法)
03. 科学論文読解 関係代名詞(非制限用法)
04. 科学論文読解 関係副詞
05. 科学論文読解 分詞構文、独立分詞構文
06. 科学論文読解 等位接続詞と従属接続詞
07. 科学論文読解 withによる付帯状況説明
08. 教科書の例文 1~10
09. 教科書の例文11~20
10. 教科書の例文21~30
11. 教科書の例文31~40
12. 教科書の例文41~50
13. 教科書の例文51~60
14. 教科書の例文61~70

 
授業運営 Course Management
講義とグループ学習を組み合わせたアクティブラーニング形式で行う。
「dotCampus」を利用して、学習成果の共有、授業の振り返りと質問などの連絡を行う。
授業時間中はマナーを守った上でのPCやその他の電子機器の使用を奨励する。
 
評価方法 Evaluation Method
単元毎に実施する小テスト(20%)、定期期末試験(80%)による。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜、水曜、金曜の13:00以降、2号館245号室(内線2242)。
事前にアポイントメントをとること。
なお質問は原則的にdotCampusを利用して受けつける。
 
使用書 Textbook (s)
永田博人, Geraldine Twilley『Mysteries in Science』[南雲堂]2015


 
 
 
[前へ戻る]