[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
分子生物学基礎論
Fundamental Lecture in Molecular Biology
 担当者
 Instructor
教授   泉  進  前学期 木曜日2時限
教授   井上 和仁  前学期 木曜日2時限
教授   木原 伸浩  前学期 木曜日2時限
准教授 大平 剛  前学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義は、生物科学領域(専攻)や化学領域(専攻)に所属する受講生が、分子生物学、細胞学、生化学の基礎知識を理解し、理系の大学院生として知るべき知識を身につけることを目標とする。生物化学特論、動物生理学特論、細胞生物学特論、植物生理化学特論等の科目を履修する上で基礎となる事項について講義を行う。
 
授業内容 Course Content
 DNAやRNAは遺伝情報を伝える生体高分子であり、蛋白質はエネルギー、物質、情報を処理する精緻な分子機械と捉える事ができる。現代生物学は、これらの分子が細胞内で担う機能を解明し、それを人為的に操作することを可能とした。本講義では、遺伝情報発現、ゲノム情報、蛋白質科学、ケミカルバイオロジー等の現代生物学と関連領域の理解を深めるための基礎知識を整理しながら、生物工学等の最新の研究事例にも触れて講義を行う。
 
授業計画 Course Planning
 生物科学領域の教員と化学領域の教員が分担して講義を行うが、各項目は受講生の理解度や興味に応じて内容や順番を多少変更する可能性がある。予習としては①事前に配布される講義資料を予め読んでくること、②分からない用語や概念については、自分なりに調べてみること、の2点が必要不可欠である。

1. シラバスの記載事項確認、DNA:遺伝情報を担う分子の構造と複製
2. RNA:遺伝情報の発現;RNA合成(転写)と蛋白質合成(翻訳)
3. 遺伝子工学
4. バイオインフォマティック
5. ゲノムミクス
6. 原核細胞と真核細胞、細胞小器官
7. 細胞分化、胚性幹細胞、iPS細胞
8. 蛋白質の機能(1):輸送蛋白質、受容体
9. 蛋白質の機能(2) : エネルギー変換
10. 蛋白質の機能(3):酵素
11. 代謝工学
12. 酵素反応の化学
13. ATPの化学
14. NADHの化学
 
授業運営 Course Management
 基本的にはスライドの投影と配布プリントにより講義形式で授業を行うが、重要な原著論文の講読やディスカッションなど各担当者と受講者との相談により多少の柔軟性を持ちながら授業を進める。
 
評価方法 Evaluation Method
講義時間内の学修状況60%およびレポート/スモールテスト40%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問や指摘は講義後にもその場で受け付ける。各教員とも在室時は原則として対応する。
 


 
 
 
[前へ戻る]