[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
錯体化学特論
Advanced Coordination Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   川本 達也  前学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、①分子構造のもつ対称性を見出せること、②X線結晶解析を知ること、③金属錯体の構造と金属錯体における反応を知ること、等々を通じて分子構造の見方と金属錯体の基礎的知識を身につける。
理学研究科理学専攻のカリキュラムポリシーに従い、理学専攻と化学領域の専門基礎知識を基盤とした論理的思考力と表現力を身につけ、理学専攻関連分野における教育・研究・開発の中核として活躍できる人材を育成するためのカリキュラムを編成しており、本講義はその中で、学部の教育内容を深化させ、またプレゼンテーション能力を身につける役割を持つ。
 
授業内容 Course Content
化学の分野において基礎となる構造化学に関する考え方を修得することを目的とする。そのために分子構造や結晶構造についての基礎的内容を説明するとともに、主要な無機化合物のひとつである金属錯体を構造化学的な面に重点をおき解説する。
 
授業計画 Course Planning
課題は全授業の中頃に発表するので、プレゼンテーションの準備は早めにすることを勧める。
また、1回目から7回目までの授業に関しては分子の対称性について
8回目から13回目までの授業に関しては金属錯体の特徴について
これら2つに大別して各回の授業の関連性を考えながら
当該書籍による予習および配付資料に沿って復習することを推奨する。
1. 分子構造と対称性①、対称要素と対称操作
2. 分子構造と対称性②、点群
3. 分子構造と対称性③、群の性質
4. 金属錯体とその基本構造
5. 結晶構造と空間群
6. X線結晶解析の実際①、結晶解析の結果
7. X線結晶解析の実際②、解析結果からわかること
8. 基本的な配位子の配位様式①、配位子の分類
9. 基本的な配位子の配位様式②、具体的な配位様式
10. 3d遷移金属錯体の構造①、チタン~マンガン錯体
11. 3d遷移金属錯体の構造②、鉄~銅錯体
12. 金属錯体における配位子の反応①、中心金属の配位子への影響
13. 金属錯体における配位子の反応②、具体的反応例
14. プレゼンテーション

 
授業運営 Course Management
1回目~13回目は講義形式による。資料を配付し、パワーポイントと板書で講義する。
14回目は指定した話題について調査した結果を受講生各自が発表する。
 
評価方法 Evaluation Method
発表内容により評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜日の15:30以降(会議等の時間を除く)、2号館228研究室(内線2712)へ。
 

参考書 Book (s) for Reference
山田祥一郎『配位化合物の構造』[化学同人]1980年

 
 
 
[前へ戻る]