[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
化学特別講義
Special Topics in Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   川本 達也  前学期 集中
教授   小出 芳弘  前学期 集中
助教   力石 紀子  前学期 集中
講師   明石 知子  前学期 集中
講師   辻本 和雄  前学期 集中
講師   古屋 秀峰  前学期 集中
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、①核磁気共鳴法を学ぶこと、②質量分析法を学ぶこと、③X線回折法を学ぶこと、等々を通じて大学院の研究で分子構造解析に必要な基礎知識を身につけることである。また、受講生が無機配位化合物の軌道相互作用を英語の講義により学ぶことで、英語での講義を聴講するための方法を身につけることである。
理学研究科理学専攻のカリキュラムポリシーに従い、理学専攻と化学領域の専門基礎知識を基盤とした論理的思考力と表現力を身につけ、理学専攻関連分野における教育・研究・開発の中核として活躍できる人材を育成するためのカリキュラムを編成しており、本講義はその中で、学部の教育内容を深化させ、さらにそれらを使いこなす実践を育む役割を持つ。
 
授業内容 Course Content
分子構造解析に用いられる三つの主要な方法(核磁気共鳴法、質量分析法、X線回折法)と無機配位化合物について、基礎から応用までみっちり学ぶことを目的としている。
 
授業計画 Course Planning
非常勤講師3名を含めた6名で担当する集中講義なので、各担当教員の指示に従い、予め配付される資料などを予習しておくことが不可欠である。また、授業中あるいは授業後に課せられた課題をしっかり復習することも必要である。
1. 核磁気共鳴法(NMR)の基礎と最近の進歩(担当 古屋)
 1-1. はじめに、NMRの原理、高分解能NMR
 1-2. スペクトル測定、緩和時間、化学交換
 1-3. 固体分解能NMR、多次元NMR、NMR測定の最近の応用
2. 質量分析法の基礎と最近の進歩(担当 辻本、明石)
 2-1. 質量分析の概観
 2-2. イオン化、質量分離、フラグメンテーション
 2-3. プロテオミクス、最新MSを身近に、解析ソフト
3. X線回折法の基礎と最近の進歩(担当 力石)
 3-1. X線結晶構造解析の基礎1(測定対象、得られる情報、X線による散乱)
 3-2. X線結晶構造解析の基礎2(結晶の対称性)
 3-3. X線結晶構造解析の実際、その他のX線構造解析(粉末、薄膜の測定)
4. Symmetry consideration in orbital interactions(担当 小出)
 4-1. Molecular symmetry and group theory
 4-2. How to use a character table
 4-3. Sigma bonding in AXn molecules-Ligand group orbitals (LGOs)
 4-4. Hybrid orbitals as linear combination of atomic orbitals
 4-5. Pi bonding in AXn molecules. Examination.

 
授業運営 Course Management
講義は、PowerPoint・配付プリント・板書を中心に行う。4.の小出担当部分の講義は、原則として英語で行われる。
 
評価方法 Evaluation Method
各担当教員が課したレポートで評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業終了後、その場で。
 

参考書 Book (s) for Reference
大橋裕二『X線結晶構造解析』[裳華房(化学新シリーズ)]
高木秀夫『量子論に基づく無機化学』[名古屋大学出版会]
Douglas, Hollingsworth,Symmetry in Bonding and Spectra: An Introduction,Academic Press

 
 
 
[前へ戻る]