[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ソリューション設計特論
Advanced Software Design for Solutions
 担当者
 Instructor
教授   桑原 恒夫  前学期 木曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生がUMLの基本技術を理解すると共に、それを実際のソリューション設計に利用できるようになることである。その過程で、ソリューション開発の困難さの大きな原因は開発対象である人間の業務の複雑性にあり、それを解りやすく体系的に整理するために、オブジェクト指向技術が極めて有効であることを理解して欲しい。
 
授業内容 Course Content
ソフトウエア設計のうち、特にオブジェクト指向技術を用いたソリューション設計に的を絞って学ぶ。具体的にはUMLによるオブジェクト指向分析・設計技術(ユースケース分析からクラス設計まで)を中心に講義と実習を交えて行う。また本講義ではWebアプリケーションを直接の対象として想定し、アーキテクチャとして1)HTMLやJSPによるGUI、2)Java等によるビジネスロジック、3)データベース(RDB)、の3層構造を念頭に設計を考える。ただし本講義の主な狙いは分析・設計といったソフトウエア開発の上流過程とし、プログラミングなどの下流工程には踏み込まない。したがって上記1)、2)、3)の技術内容を直接扱うことはしない。
 講義の時には使用書の当該箇所を予習するとともに、授業後は復習を行うこと。演習の時はその回に作業する図面について、使用書の箇所を予習するとともに、授業中のグループワークで十分作業できなかった部分を授業後に復習で仕上げておくこと。
 このような上流工程の技術はこれから情報システムを利用する日本のすべての産業にとって有用であり、このような技術の学習は本研究科情報領域のポリシーにも合致する。
 
授業計画 Course Planning
1.シラバスの記載内容確認、オブジェクト指向によるソフトウエア開発の概観、ユースケース図の講義
2.ユースケースドキュメント、クラス図とオブジェクト図の講義
3.コンポジット構造図、コンポーネント図の講義
4.シーケンス図、コミュニケーション図の講義
5.タイミング図、相互作用概念図、ステートマシン図の講義
6.アクテビティ図、配置図、パッケージ図の講義
7.体での概念モデルの演習 (時間的に可能ならアクテビティ図による業務フロー作成演習)
8.ユースケース図作成演習、レビュー
9.ユースケースドキュメントの作成演習、レビュー
10.ロバストネス図の作成演習、レビュー
11.シーケンス図の作成演習
12.シーケンス図のレビュー
13.クラス図の作成演習、レビュー
14.データベース作成演習(ER図の作成演習)

 
授業運営 Course Management
まず講義により基本技術を習得する。その後グループ単位の実習により実践力を身につける。
[予習・復習]
 講義資料は事前に配付する。講義段階ではその資料と指定した使用書の各回の授業に該当する部分を予習しておくこと。また授業内容は復習でしっかり身に付ける事。実習段階ではグループごとの演習とその結果のレビューを繰り返すので、グループ単位で授業時間内に終わらなかった所定の作業を次回の授業までに完了させて授業に臨むこと。講義段階では毎回予習1時間程度、復習3時間程度。実習段階では、グループとしての活動を含め1回あたり4時間程度(それが復習にもなり、かつ次回の予習にもなる)。

 
評価方法 Evaluation Method
演習に入ってからの発表や発言内容、グループ単位で提出した設計図面を評価。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜日5時間目2-221



 
使用書 Textbook (s)
テクノロジック・アート『独習UML』[翔泳社]


 
 
 
[前へ戻る]