[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ウェブアプリケーション
Web Applications
 担当者
 Instructor
教授   海谷 治彦  後学期 木曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
インターネット上のサービスの一般的な形である、WEBサービスを構築するためのクライアント・サーバ処理を学生が理解し習得する。
特に、今日広く使われている JavaScript、JSP/Servlet、PHPなどの実現技術や、データベースとの連携に関する基礎技術を学生が習得する。
 
授業内容 Course Content
それぞれのトピックについて、原理の概要と実例の紹介をあわせて解説し、随時小テストや実習等を課すことで、到達度を確認する。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は一応次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。
本講義の受講に際しては、オブジェクト指向プログラミング、およびコンピュータネットワークの授業内容を理解しておくこと。
よって、予習として、Javaのプログラミングの復習を行なうこと。
Javaを知らないものは,自身で予習として、そのプログラミングを予習しておくこと。
また、およびオペレーティングシステムの基本操作は習得済であることを前提とする。
特に、ファイルシステムの操作、アクセス権の設定等を復習しておくこと。
本授業では、各回に、HTMLを含めたプログラミングが必要となり、
授業において、そのサンプルが提示される。
復習として、サンプルの実行と、サンプルの改造を行なうこと。
また、ほぼ毎回、プログラミングを含む課題の提出が課されるため、
そのプログラムの完成も復習の一貫として行なうこと。
尚,各回の予習と復習をあわせて,概ね4時間を費やすこと.

1.WebとWebプリケーションの仕組み
2.HTML5について
3.CSSによる構造と体裁の分離
4.JavaScriptによるクライアントサイドでの動的ページの生成
5.JavaScriptの詳細と応用例
6.サーブレットとJSPによるサーバサイドプログラミングの概要
7.JSPの詳細と応用例
8.サーブレットの詳細と応用例
9.クッキーとセッション管理
10. データベースとの接続
11. Webアプリケーションのセキュリティ
12. PHPによるサーバサイドプログラミングの概要
13. PHPの詳細と応用例
14. Webプリケーションの今後の展望

 
授業運営 Course Management
授業ではノート型PCを使用する(貸与されたPCを毎回必ず持参すること)。
これを用いて、Webアプリケーションに関わる実習を随時行うとともに、また講義用のツール(電子化教材の閲覧など)としても使用する。
実習環境はLinux上のサーバー群を用いるため、Windowsが主体の利用であっても、Dual boot もしくは 仮想マシンを用いて、Linuxの環境を準備すること。
講義内容の修得確認のための小テストもしくは実習を随時行う。

使用書は特に指定しない。
講義資料をPDF等の電子ファイルとして配布する。

https://www.sci.kanagawa-u.ac.jp/info/kaiya/wa/

 
評価方法 Evaluation Method
成績の50%は実習結果および小テスト結果の合計点を用いる。
残り50%は期末試験の点数を用いる。


 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜日 4限 6-214室にて.
 
使用書 Textbook (s)
『https://www.sci.kanagawa-u.ac.jp/info/kaiya/wa/』

参考書 Book (s) for Reference
矢吹 太朗『Webアプリケーション構築入門』第2版[森北出版]2011年
小森 裕介『プロになるためのWeb技術入門』[技術評論社]2010年

 
 
 
[前へ戻る]