[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
制度会計論
Institutional Accounting Theory
 担当者
 Instructor
講師   濱本 道正  後学期 木曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①日本における企業会計の法的規制のフレームワークを理解し、法令ごとの財務諸表の体系について知ること、②制度会計を構成する会計諸規範と「企業会計原則」との関係を理解すること、③企業業績報告書の構成要素である純利益と包括利益の関係について学ぶこと、④連結財務諸表の仕組みと作成方法を知ること、等々を通じて現代の制度会計の仕組みと役割を把握する力を身につけることである。
 また、経営学部のカリキュラム・ポリシーに従い、会計学系科目についても知識や技法を順を追って体系的に身につけることができるようにカリキュラムを編成しているので、入門科目である簿記原理および会計学原理を履修した後に本科目を履修することが望ましい。

 
授業内容 Course Content
 今日の企業会計は情報提供機能と利害調整機能を果たすことで、国内及び国際社会における経済秩序の維持に不可欠な制度的基盤(インフラストラクチャー)となっている。この講義では、下記の使用書(テキスト)に沿って、こうした制度会計の理論と実践を学んでいく。また、例年、職業会計人志望者の受講が多いため、簿記検定試験や税理士・公認会計士試験の出題傾向等について適宜情報提供しながら講義する。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は一応次のように予定しているが、進捗状況により内容は若干前後する場合もある。
 テキストを読んだ上で出席していることを前提に講義するので、予習として、授業1回ごとに次回取り上げる該当頁をあらかじめ読んでくるよう指示する。
 また、復習としては、講義時に示した重要な理論や会計処理法について、配布資料や参考書等でさらに理解を深めるよう、授業1回ごとに指示する。なお、予習・復習合わせて各回あたり約4時間の時間外学習を想定しているが、予習については、休暇等を利用してまとめて行うことも効果的である。

01.ガイダンス
   まず、シラバスの記載事項について確認する。そのうえで、制度会計論の学習の仕方を概説し、テキストおよび参考書を紹介する。

02.企業会計への法規制
   企業会計への法規制の必要性と主要国における法規制の仕組みを学ぶ。【予習】東芝の粉飾決算をめぐる新聞報道等をもとに会計規  制の必要性と限界について考えてみる。

03.制度会計の意義と領域
   制度会計と情報会計の違い、トライアングル体制と呼ばれる日本の制度会計の特質と領域について理解する。【予習】日本の制度会  計がなぜ「トライアングル体制」と呼ばれるのかを考えてみる。

04.会計規範の体系
   会社法・金融商品取引法・法人税法のそれぞれに含まれる会計規範を学ぶ。【予習】後掲使用書(テキスト)の第1章4~6を読ん  でおく。

05.企業会計原則の形成と発展
   わが国の会計基準である「企業会計原則」の形成の歴史を学び、わが国の会計基準と国際会計基準(IFRS)の関係を理解する。   【予習】なぜIFRSへの国際的統合が必要になったのかを考えてみる。

06.企業会計原則と会計諸規範の関係
   わが国の制度会計を構成する会計諸規範の体系における企業会計原則の位置づけを理解する。【予習】第2次大戦後にGHQ(マッ   カーサー司令部)が主導した経済改革の中で、企業会計原則がどのように位置づけられたかを考えてみる。

07.金融商品取引法による会計
   投資意思決定への情報提供機能を学ぶ。【予習】テキストの第1章5を読んでおく。

08.会社法による会計
   利害調整とコーポレート・ガバナンスへの支援機能を学ぶ。【予習】テキストの第1章4を読んでおく。

09.法人税法による会計
   公平な課税所得計算の意義と課題を学ぶ。【予習】テキストの第1章6を読んでおく。

10.財務諸表の体系
   損益計算書、貸借対照表および株主資本等変動計算書の相互関係を理解する。【予習】テキストの第10章を読んでおく。

11.企業業績の報告
   純利益と包括利益の関係を学ぶ。【予習】テキストの第10章4を読んでおく。

12.連結財務諸表の公表制度
   わが国の制度会計における個別財務諸表と連結財務諸表の役割を理解する。【予習】個別財務諸表に加えて連結財務諸表が必要とさ  れる根拠を考えてみる。

13.連結貸借対照表の作成手続
   投資と資本の相殺消去、連結のれん、非支配株主持分の意味を理解する。【予習】テキストの第11章2を読んでおく。

14.連結損益計算書の作成手続
   連結会社間の取引高の消去、未実現利益の消去について学ぶ。【予習】テキストの第11章3を読んでおく。
  最後に、本講義全体に係るまとめ及び質疑応答の時間を設ける。【予習】質問内容をまとめておく。

 
授業運営 Course Management
 テキストに基づきながら、必要に応じて補助教材(プリント)や関連情報を配布もしくは板書して授業を進める。
 講義を聴いて頭に浮かんだ自分なりの考えや疑問点は躊躇せず挙手して質問することが望ましい。そうした発言を素材にして教員と学生の間で活発なディスカッションが展開されれば学習効果が一層上がる。
 
評価方法 Evaluation Method
 定期試験70%、授業中のコメントシート30%で評価し、出席状況は評価の対象としない。定期試験は記述問題と計算問題を含む。記述問題は、会計学上の基礎概念、会計原則と会計制度、利益測定と資産・負債評価などに関する用語説明および論述問題から成る。計算問題には、取引の仕訳、会計帳簿の作成、利益測定と資産・負債評価などの計算が含まれる。卓上計算機の持ち込み可。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
 授業終了後にその場で受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
桜井久勝『会計学入門』第4版[日本経済新聞出版社]2015年

参考書 Book (s) for Reference
照屋行雄『財務会計の理論』[中央経済社]2018年(予定)

 
 
 
[前へ戻る]