[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
会計学原理
Accounting
 担当者
 Instructor
教授   照屋 行雄  前学期 金曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①財務会計の理論的構造(概念フレームワーク)を正しく理解すること、②企業会計制度の役割や特徴を体系的に理解すること、③会計事象に対する関心を高め、会計トピックスを読む基本的能力を獲得すること、におかれる。
 経営学部のカリキュラム・ポリシーに従い会計関係の科目では1年生で履修する「会計の基礎」から始まり、様々な会計科目を配置している。本講義は、「会計の基礎」で学んだ基礎知識を再確認するとともに、今後、会計関係の学習に必要な基本的な知識を身につけるための講義となるので、早めに履修することが望ましいといえる。
 
授業内容 Course Content
 現代会計学の基本原理と会計制度の構造を講義する。主として財務会計論の学修を通じて企業会計の基礎的問題と考え方を修得する。授業の範囲は、企業会計の基礎概念から財務諸表論までとし、会計記録(簿記)の領域については基本的に除外する。従って、簿記の演習問題を授業の中で説明することはほとんどない。
 講義前の準備としては、日常的に新聞等を読み会計関連の記事に関心を持つことが望まれる。また復習としては、授業回ごとに学修内容を再確認して、内容の理解を確かなものにしておくこと。
 
授業計画 Course Planning
 本講義では、テーマごとに講義を進めていく。なお、時間の関係で授業内容は若干前後することがある。

1.イントロダクション :シラバスの記載事項について確認し、本講義の概要を説明する。
2.会計学総説(1):企業会計の意義と体系について学習する。
3.会計学総説(2):期間損益計算の方法について学習する。
4.会計学総説(3):会計情報の開示方法について学習する。
5.会計公準 :会計公準の意義と体系について学習する。
6.会計原則 :会計原則の意義と性格について学習する。           
7.資産会計(1):資産の意義と分類、評価基準について学習する。
8.資産会計(2):固定資産や棚卸資産などを事例に資産項目について学習する。
9.負債会計:引当金などの事例を使い、負債の概念と分類について学習する。
10.資本会計:資本の概念と分類について学習する。
11.収益会計:収益の意義と分類について学習する。
12.費用会計:費用の意義と分類について学習する。
13.財務諸表:財務諸表の意義と情報特性、連結財務諸表の制度化について学習する。
14.会計の国際化:国際会計基準の歴史と基本的な考え方を学習する。

 
授業運営 Course Management
 授業の運営にあたっては、最初に授業内容の骨子を板書等によって提示する。説明の都合と学ぶべき内容の整理に役立てるためである。理論的な科目はとかく単調な講義になりやすいので、会計関連のトピックスを取り上げて解説したり、必要に応じて外部の専門家をゲストスピーカーとして迎えるなど、変化のあるものにするべく創意工夫したい。
 
評価方法 Evaluation Method
授業内での課題20%と学期末試験80%の割合で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
木(12:40~13:20)および金(12:40~13:20)に、1号館224研究室で。なお、質問や相談等は、授業終了後に教室でも受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
開講時に指示する。
参考書 Book (s) for Reference
伊藤邦雄『新・現代会計学』第2版[日本経済新聞出版社]2016
授業中に適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]