[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
運動生化学特論
Exercise Metabolism
 担当者
 Instructor
准教授 北岡 祐  後学期 金曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本講義では、エネルギー代謝に関する基礎的な知識を獲得するとともに、運動・トレーニングによる適応について最新の運動生化学的研究まで理解する事を目標とする。

 
授業内容 Course Content
参考書の内容を中心に、英文の総説や原著論文を紹介しながら下記の授業計画に従って講義を行なう。さらに、講義で理解した内容について理解を深めるため、他の受講者と議論し発表する時間を設ける双方向型の授業とする。 
 
授業計画 Course Planning
各回の講義は以下の内容を予定している。dotCampusに掲載された毎回の講義の関連資料を予め読んでくることが望ましい。また、復習として授業内で紹介した原著論文を読み直すことを勧める。

1. 運動時のエネルギー代謝の概要
2. 解糖系
3. 酸化系
4. 糖代謝
5. 脂質代謝
6. 乳酸代謝 (1)
7. 乳酸代謝 (2)
8. タンパク質代謝
9. ミトコンドリア (1)
10. ミトコンドリア (2)
11. 運動・トレーニング (1)
12. 運動・トレーニング (2)
12. 不活動・加齢
13. 疲労
14. まとめ
 
授業運営 Course Management
授業はスライドを用いた講義形式で行なうが、受講者にも積極的な参加・発言を求める。
 
評価方法 Evaluation Method
レポートおよび授業中の発表・積極性によって評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜日の昼休み(北岡研究室)。メールでの相談も随時受け付ける。
 

参考書 Book (s) for Reference
Mark Hargreaves and Lawrence Spriet,Exercise Metabolism,2nd Edition,Human Kinetics,2005

 
 
 
[前へ戻る]