[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
電磁物性学特論
Electronic and Magnetic Materials Physics
 担当者
 Instructor
教授   松田 和之  後学期 水曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
固体物性、特に電気的性質と磁気的性質について、巨視的な観点からだけでなく、量子力学と統計力学に基づく微視的な電子レベルで物性の発現機構を理解することを到達目標とする。
 
授業内容 Course Content
物性物理学に関係する量子力学と統計力学の基礎を確認しながら、主に結晶固体中の電子状態に関する講義を行い、巨視的現象としての金属、半導体、誘電体、磁性体、超伝導体などの諸物性が微視的な電子レベルでどう理解されるかを学修する。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係で前後する場合もある。予習は特に必要ないが、授業で扱った物性法則・物性理論やそれを記述する方程式などはその日のうちに復習しておくことを勧める。また、ときどきレポート課題を与える。これら復習とレポート作成に各回あたり約4時間の自己学習を想定している。

1.シラバス記載事項の確認.結晶の周期構造と対称性
2.逆格子空間とブラッグ条件
3.結晶の原子振動
4.フォノンとデバイ模型
5.固体結晶の誘電物性
6.電子スピンとフェルミ統計
7.エネルギーバンド
8.フェルミ分布と電子状態密度
9.半導体
10.超伝導の臨界磁場
11.超伝導状態と電子間相互作用
12.スピン磁気モーメントと起動磁気モーメント
13.常磁性・強磁性・反強磁性
14.まとめ


 
授業運営 Course Management
板書による講義も随時行うが、主に輪講形式と対話形式により授業を進める。また、必要に応じて履修生にプレゼンテーションを課す。
 
評価方法 Evaluation Method
数回の課題レポート(60%)と授業中のプレゼンテーション・質疑応答(40%)により評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
水曜日12:30~13:00、14:30~17:00(会議等の時間を除く)に、6号館105研究室で質問などを受け付ける。授業直後に直接予約を取ることを勧める。

 

参考書 Book (s) for Reference
チャールズ・キッテル『固体物理入門(上)(下)』[丸善]
Charles Kittl, Introduction to Solid State Physics,Wiley
Neil W. Ashcroft and N.David Mermin,Solid State Physics,Thomson Learning

 
 
 
[前へ戻る]