[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
知識構造特論
Cognitive representation of music and language
 担当者
 Instructor
准教授 松永 理恵  後学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
学術論文や専門書を読み,認知心理学,認知科学の専門知識を習得する。

 
授業内容 Course Content
受講者は,音楽認知,言語理解,聴覚知覚,知識とスキーマ,環境と文化,学習と経験,発達過程,などに関連した英語の学術論文を発表し,全員で議論を行う。指定した雑誌から、専門論文を選択すること。
 
授業計画 Course Planning
本講義は,学生が論文発表を行い,それを基に議論を展開する演習型の授業である。担当する学生は,事前に討論用のレジュメを作成することが求められる。授業後は,各自が討論の内容を整理し,理解が不十分な部分は自分で補強する(あるいは次回に質問する)ことが求められる。これらの作業に必要な時間は個々人や討論内容によって異なってくる。

第1回:ガイダンス
第2-14回:担当者の文献発表,および,全体での議論

 
授業運営 Course Management
演習形式

 
評価方法 Evaluation Method
評価は絶対評価で行い,成績は発表内容と平常点で付ける。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜日 12時15分〜12時45分,17-324室

 


 
 
 
[前へ戻る]