[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
原価管理特論
Cost Management
 担当者
 Instructor
教授   平井 裕久  前学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講者が、①財務諸表を作成するために必要な原価資料と利益管理に必要な原価資料を提供する原価計算を理解し、②原価管理に必要な原価資料と経営意思決定に必要な原価情報を利用できる知識を学修し、修得することである。
 
授業内容 Course Content
 企業は、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の経営資源を効率的に活用し、経営活動を行わなければならない。本講義では、特に「カネ」のうち原価に焦点を当て、企業が行う原価情報を利用した原価管理について理解するために、原価計算および管理会計の知識を修得できるよう議論する。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は一応次の様に予定しているが、時間の関係で若干前後することもある。
 予習として、ディスカッションができ、そして理解を深められるように、テキスト(事前の配付資料)を熟読した上で出席すること。また、復習としては、講義での理論的内容について、実用的な場面での活用に関しても考察し、理解の定着を図ること。

1.ガイダンス/原価管理を学ぶこと
2.原価管理概論(第1章)
3.原価の分類(第2章)
4.製品原価計算:個別原価計算とABC(第3章)
5.短期利益計画:CVP分析(第4章)
6.経済性の意思決定:関連原価計算(第5章)
7.プロダクト・ミックス(第6章)
8.長期的意思決定:ライフサイクル原価計算・資金の時間価値(第7章)
9.標準原価管理(1):標準の設定(第8章)
10.標準原価管理(2):差異の分析(第9章)
11.生産システムの管理:制約条件理論とトヨタ生産方式(第10章)
12.原価低減:プロセス改善と原価企画(第11章)
13.原価管理の事例
14.まとめ 本講義の総括 
 
授業運営 Course Management
 毎回出席をとり、各テーマに関する発表やディスカッションを交えながら講義を進める。
 
評価方法 Evaluation Method
 授業での討論内容や発表内容等で総合的に評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 授業終了後、その場で質問等を受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
小沢 浩『詳解コストマネジメント』[同文舘出版]2011

参考書 Book (s) for Reference
園田 智昭・横田 絵理『原価・管理会計入門』[中央経済社]2010
加登 豊・李 建『ケースブック コストマネジメント』第2版[新世社]2011

 
 
 
[前へ戻る]