[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際日本文化特殊講義E2
Lectures in International Japan Studies E2
 担当者
 Instructor
准教授 富谷 玲子  後学期 木曜日5時限/木曜日6時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 欧米言語文化専攻のカリキュラム・ポリシーに従い、以下を到達目標とする。
 日本語教育学の枠組みでの研究方法を学び、自らに適した研究方法を選択し、論文執筆開始の準備を整えることを目標とする。
 
授業内容 Course Content
 比較言語文化特殊講義H1(演習)をさらに発展させた科目である。
 日本語教育学の枠組みでの研究方法を学び、受講者が自らの研究テーマを厳密に定義し、それについて的確な分析、考察、議論を行い、学術論文を完成させるための指導を行う。
 
授業計画 Course Planning
 講義内容は次のように予定しているが、学生の興味関心に合わせて進度を調整するため、若干前後する場合もある。
 事前に講義内容の個所を指示するので、予習として、(1)指示に基づいて論文を講読してくること、(2)専門用語を調べて理解しておくこと、(3)疑問点を明確にしておくこと、の3点が不可欠である。
 また、復習としては、論文の内容に基づいて(1)日本語教育実践の中での問題点の検証、(2)社会情勢と日本語教育を関連づけて分析することを勧める。
 なお、予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している、複数回分をまとめて行ってもよい。
1.ガイダンス
2.研究テーマの発表
3.研究テーマの検討
4.研究計画の発表
5.研究計画の検討
6.先行研究の講読
7.中間発表会
8.研究方法の発表
9.研究方法の検討
10.データの収集の方法
11.データの分析と検討
12.論文作成演習:先行研究
13.論文作成演習:構成
14.まとめ
 
授業運営 Course Management
 受講者自身が論文執筆することを中心として進める。積極的な参加を求める。
 
評価方法 Evaluation Method
中間発表会の成果(40%)、期末レポート(60%)を総合して評価する。
なお、欠席3回以上の場合には、評価の対象としない。

















授業への参加、この授業を通じて執筆した論文の完成度に基づき評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
開講時に指示する。
 
使用書 Textbook (s)
開講時に指示する。
参考書 Book (s) for Reference
授業時に随時指示する。
 
 
 
[前へ戻る]