[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
英語学特殊講義C2
 
 担当者
 Instructor
教授   廣瀬 富男  後学期 火曜日2時限/火曜日6時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
 本科目の到達目標は、受講生が、「極小主義(minimalism)」の概念および道具立てを習得し、それらを用いて実際の言語現象を分析する方法に習熟することにある
 
授業内容 Course Content
 この授業では、使用書を第6章から第10章まで通読する。論理的かつ創造的に思考する学生向きの授業になる。
 
授業計画 Course Planning
 概ね以下のような計画だが、進度により変更になる可能性がある。

1. シラバスの確認/Phrase structure (1):X'-Theory and properties of phrase structure
2. Phrase structure (2):Bare phrase structure
3. Phrase structure (3):The operation Move and the copy theory
4. Linearization (1):The Linear Correspondence Axiom (LCA)
5. Linearization (2):The LCA an word order variation
6. Binding theory (1):Binding Theory phenomena as potential arguments
7. Binding theory (2):The copy theory to the rescue
8. Binding theory (3):Further issues
9. Feature interpretability and feature checking (1):Some questions concerning checking theory
10. Feature interpretability and feature checking (2):Feature interpretability and Last Resort
11. Feature interpretability and feature checking (3):Covert movement, Agree
12. Derivational economy (1):Derivational economy and local computations
13. Derivational economy (2):The derivation by phase
14. Derivational economy (3):Economy of lexical resources & Summary

 予習としては、使用書の指定範囲を読み、付属の問題を解いた上で、質問を準備してくること。復習としては、授業での議論を参考に、関連する文献を読んでもらいたい。なお、予習、復習とも、十分な時間をかけて(最低4時間)取り組むこと。
 
授業運営 Course Management
 受講生が順番で使用書の指定範囲を解説し、その内容について全体で討論する。
 出席は毎回確認し、欠課時数が授業回数の4分の1を超える者は、自動的に不合格となる。
 また、授業開始後15分以降の入室や途中退室は、特別な事由のない限り、欠席扱いとし、これを認めない。
 
評価方法 Evaluation Method
 成績は、担当範囲の解説(発表資料を含む)=80%、討論への参加状況=20%の割合で評価する予定である。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 月曜日の15:30-16:20に17-325研究室へ。なお、質問等は、授業終了後にもその場で受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
 Norbert Hornstein, Jairo Nunes, & Kleanthes K. Grohmann,Understanding Minimalism,Cambridge University Press,2012


 
 
 
[前へ戻る]