[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
障害法特講A
Disability Law A
 担当者
 Instructor
講師   川島 聡  前学期 集中
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力を基盤とする創造性豊かな優れた研究・開発能力/Highly creative, outstanding research and development capabilities that form the foundation for judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力に裏付けられた体系的専門知識/Systematic expert knowledge backed by international sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、障害法の機能と限界を体系的に把握する力を身に着けることにある。
 
授業内容 Course Content
本講義では、障害者権利条約を中心に国際社会における障害法の機能と限界を体系的に考えていくことにする。
 
授業計画 Course Planning
 各回の授業内容は以下を予定しているが、受講生の希望を考慮に入れて、柔軟に変更する可能性がある。受講生が教科書の読んで授業に出席していることを前提に、講義を行う。予習として、受講生は教科書の該当箇所及び関係資料を読み、分からない言葉等を調べること。復習として、受講生は、講義時に示した障害法の理論等を用いて、ニュース等で見聞きする最新の障害問題を検討すること。

1 ガイダンス・障害と障害者の概念
2 障害者権利条約の基礎:社会モデルと一般原則
3 障害者権利条約の起草過程1:第1回・第2回特別委員会
4 障害者権利条約の起草過程2:第3回・第4回特別委員会
5 障害者権利条約の起草過程3:第5回・第6回特別委員会
6 障害者権利条約の起草過程4:第7回・第8回特別委員会
7 障害者権利条約の論点1:差別禁止
8 障害者権利条約の論点2:福祉的就労・割当雇用
9 障害者権利条約の論点3:インクルーシブ教育
10 障害者権利条約の論点4:法的能力
11 障害者権利条約の論点5:自立生活
12 障害者権利条約の論点6:報告制度
13 障害者権利条約の論点7:個人通報制度
14 授業のまとめ
 
授業運営 Course Management
アクティブラーニング(グループディスカッション)を取り入れる。双方向的な議論形式。授業時にレジメを使用する場合は、適宜コピーを配布する。
 
評価方法 Evaluation Method
期末試験のみで評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業終了後、その場で質問に答える。
 
使用書 Textbook (s)
菊池馨実・中川純・川島聡編著『障害法』[成文堂]2015年

参考書 Book (s) for Reference
長瀬修・東俊裕・川島聡編著『増補改訂:障害者の権利条約と日本─概要と展望』[生活書院]2012年
松井亮輔・川島聡編『概説 障害者権利条約』共編[法律文化社]2010年

 
 
 
[前へ戻る]