[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
世界経済論特講A
World Economy A
 担当者
 Instructor
教授   鳴瀬 成洋  前学期 火曜日5時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、経済学研究科のカリキュラム・ポリシーに従い、受講生が、世界経済を批判的に理解するために必要な、自由貿易の理論と現実および自由貿易をめぐる経済思想に関する知識を身に付けることである。具体的には、(1)自由貿易の基礎理論と政策を理解すること、(2)戦後の自由貿易体制であるGATT/WTOおよびTPPなどの広域経済連携協定の意義と問題点を理解すること、(3)自由貿易と保護貿易をめぐる経済思想上の対立を理解することである。本講義を踏まえて、各国・地域の専門的研究に関する科目を履修することが望ましい。
 
授業内容 Course Content
比較生産費説を理論的基盤とする自由貿易論は普遍的真理と思われているが、そこでは各経済主体の同質性など、現実には成り立たないことが前提とされている。そのため、自由貿易の妥当性は制限される。ドーハ・ラウンドやTPP交渉において諸国の利害が激しく対立するのはその表れである。本講義では自由貿易の理念と現実について学ぶ。

 
授業計画 Course Planning
参加者と下記の使用書を輪読する演習形式で授業を行う。参加者は、予習として、各章の内容を把握し問題提起ができるようにしておくこと、復習として、演習での議論を反芻し論点を整理することが必要である。予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。
1.貿易自由化の理念
2.関税引き下げの経済的効果
3.自由化による損失とその補塡
4.GATT体制下の多角的貿易交渉
5.WTOとドーハ開発アジェンダ
6.地域貿易協定の経済的効果
7.TPPとアジア太平洋の通商秩序
8.日・EU経済連携協定
9.農産物保護の実際――豚肉とコメのケース――
10.国内生産者保護のための望ましい政策
11.輸入産業の一時的救済措置――セーフガードとアンチ・ダンピング――
12.貿易自由化と環境及び食の安全
13.フリードリッヒ・リストの経済学批判
14.ケインズの貿易観の変遷

 
授業運営 Course Management
授業ではテキストを輪読する。まず報告者が担当した章の概要を説明したうえで問題提起をし、その後は参加者全員の自由討論と私の解説や説明で授業を進める。
 
評価方法 Evaluation Method
報告、問題提起、討論への参加などを考慮して総合的に評価する。


 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜日:17時10分~18時、研究室(1-608)
メールアドレスは次の通り。naruss01@kanagawa-u.ac.jp

 
使用書 Textbook (s)
阿部顕三『自由貿易の理念と現実』[NTT出版]2015年
エマニュエル・トッド『自由貿易という幻想』[藤原書店]2011年
ダグラス・A・アーウィン『自由貿易理論史』[文眞堂]1999年


 
 
 
[前へ戻る]