[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
生涯スポーツ健康特論
Life Long Sport & Health
 担当者
 Instructor
教授   渡部 かなえ  後学期 月曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
女性の生涯に渡る健康の維持・増進していくうえで必要な知識を修得すること、およびその知識を活用して自分だけでなく、子どもから高齢者まで、異なるライフステージにいる女性の日々と未来の健康の支援ができる力をつけることを目標とする。
 
授業内容 Course Content
女性の生涯に渡る健康とその実現に必要な、各個人の知識と社会の仕組みづくりについて、科学的根拠に基づいて検討していく。出生前から老年期までの、、それぞれのライフ・ステージにおける健康の自己管理の重要性を深く理解し常に理論を実践に繋げながら講義する。
 
授業計画 Course Planning
授業はおおむね下記の計画で進めていく予定であるが、変更される可能性がある。予習としては、各回授業で扱う年代(ライフステージ)の健康に関するキーワードを調べておくこと、復習としては、授業で扱った年代(ライフステージ)で、特に自分が関心を持った健康問題について、専門書や研究論文を読んで理解を一層深めることを期待する。

1. ガイダンス、グループ分けとプレゼンテーションテーマ(分担・担当)の決定
2. 女性のライフ・ステージと健康
3. エピジェネティック(出生前・胎生期)ヘルス
4. 乳幼児期の健康
5. 小児期の健康
6. 思春期の健康
7. <中間まとめ> 健やかな育ちの支援
8. 成熟期の健康
9. 更年期の健康
10. 老年期の健康
11. 女性の健康とスポーツ
12. 女性のライフ・ワーク・バランスと健康
13. 女性の生活習慣病
14.<まとめ> 若々しく美しく健やかな心と体を維持していく
 
授業運営 Course Management
教員による課題・問題提起に対する学生の発言(意見・質問)や学生同士のディスカッションを中心に授業を展開していく。
 
評価方法 Evaluation Method
プレゼンテーション   :60%
授業時のディスカッション:40%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜日または水曜日の昼休み、研究室(17-203)。
質問などは授業終了時にも受け付ける。
 


 
 
 
[前へ戻る]