[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
中国語学研究
- 社会言語学の理論と応用 -
Chinese Linguistics 
 担当者
 Instructor
教授   彭 国躍  前学期 火曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
言語学研究に関する理論的なバックグラウンド、基本的な概念や課題および実践的な調査テクニックを身につける。
 
授業内容 Course Content
社会言語学、語用論、認知意味論に関するテーマについて研究調査を行う。



 
授業計画 Course Planning
授業前の予習として,1時間を使って後掲の参考書を読み,文章を理解できるようにし,授業後の復習として,1時間を使って習ったテーマについてインターネットを使って調べ,その学習内容を長期記憶に変換し,定着できるように課外学習をする必要がある。

(1)研究調査の基本的な目的、理念、方法に関する講義とディスカッション
(2)研究調査のテーマ設定に関する構想発表
(3)研究方法に関する構想発表
(4)先行研究に関する調査報告
(5)研究テーマの意義と創造性に関するディスカッション
(6)研究調査の実施計画の発表
(7)研究調査のパイロット調査の実施
(8)パイロット調査の結果分析と実施計画の修正
(9)研究調査の実施状況報告(アンケート調査)
(10)研究調査の実施状況報告(文献調査)
(11)研究論文執筆の指導(学術論文の基本構成)
(12)研究論文執筆の指導(学術論文のバリエーション)
(13)各種学会発表に向けての指導(言語学関連学会の展望など)
(14)各種学会発表に向けての指導(発表の申請と手順など)

 
授業運営 Course Management
研究調査への指導を中心に授業運営を行う。


 
評価方法 Evaluation Method
研究調査・報告状況(50%)、論文内容(50%)に基づいて総合的に評価する。


 
オフィスアワー Office Hour (s)
時間:火、木曜日(4限、5限)、場所:20号館451研究室
 E-mail:pengg001@cc.kanagawa-u.ac.jp
 

参考書 Book (s) for Reference
彭国躍『『古代中国語のポライトネス』』[ひつじ書房]2012
彭国躍『『近代中国語の敬語システム』』[白帝社]2000
ジョン・R ・テイラー『『認知言語学のための14章』』[紀伊国屋書店]1996

 
 
 
[前へ戻る]