[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
物性工学特論
Advanced Solid State Physics and Engineering
 担当者
 Instructor
教授   山口 栄雄  後学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
受講生自ら、電子の関わる現象について原理からの理解を重点的に学習し、電子物性を受講生が深く身に付け、理解することを目標とする。とくに、バンド構造、状態密度の概念、キャリアの輸送現象、緩和現象を物理的に理解し、それを基盤に、半導体のpn接合等の理解に結びつくことを目指す。
 
授業内容 Course Content
電子の関わる現象について重点的に学習する。電子物性工学を理解するために必要な予備知識として、固体物性、電磁気学、電気回路、統計力学、微分積分、複素関数、を復習を兼ねて学習する。

 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係で前後する場合もある。
予習として、事前にポイントを挙げるので、それについて調べてくることが不可欠である。
復習として、講義時に示した内容を更に自分なりにまとめてみることを勧める。
予習と復習には計4時間程度を目処に実施することが望ましい。 

1.シラバスの記載事項について確認する。固体物性の基礎
2.バンド構造
3.状態密度と分布関数
4.半導体における輸送現象
5.不純物の役割
6.緩和現象
7.pn接合
8.ホール効果の原理
9.サイズ依存性
10.衝突効果
11.ボルツマン輸送方程式
12.ボルツマン輸送方程式の応用
13.ホール効果を用いたデバイス
14.まとめ
 
授業運営 Course Management
英文の配布資料を使用する。授業では講義による説明に加え、各自資料の担当部分の内容について発表し、それについて皆で討論する。

 
評価方法 Evaluation Method
授業内容に即した課題に対するレポートにより評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜日:12:40~13:20
事前に下記のアドレスに問い合わせをすることが望ましい。
yamags18@kanagawa-u.ac.jp
 
使用書 Textbook (s)
R. S. POPOVIC,Hall Effect Devices,IOP Publishing,1991
J. Fraden,Handbook of Modern Sensors,Springer-Verlag,2004


 
 
 
[前へ戻る]