[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
電力系統過渡解析論
Transient and Dynamic Analysis of Electric Power Systems
 担当者
 Instructor
講師   佐々木 三郎  前学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標 Target to be Reached
受講者が、①電力系統の設計・運用に必要な故障とその計算法について理解し応用できること、②電力系統の回路構成と回路表現について理解し応用できること、③分布定数回路と進行波理論について理解し応用できること、④電力系統の特異現象と解析手法を理解して応用できること、⑤電力回路網の過渡現象解析手法を理解し応用できること、⑥汎用過渡解析プログラムEMTPの概要を理解し、各種異常現象の解析を実践できる応用力を持つこと、を本講義の到達目標とする。
 
授業内容 Course Content
電力系統の設計、運用に際し、予めシミュレーションにより動特性、過渡特性、異常電圧等を検討・評価して、計画、設計、運用に反映する手法が取られる。本科目では、これらのシミュレーションに必要な基本知識と解析モデル、解析手法について和文および英文教科書を主体的に読解するアクティブラーニングにより理解し、発表する能力を涵養する。
 
授業計画 Course Planning
01.電力系統の構成と回路表現
  電力系統の過渡現象の解析に重要な分布定数回路表現を理解する。
02.電力系統における各種現象と故障計算
  電力系統における動的現象と過渡現象を理解する。電力系統における故障とその計算法について理解する。
03.対称座標法(1)
  対称座標法による不平衡故障解析:1線地絡について理解する。
04.対称座標法(2)
  対称座標法による不平衡故障解析:2線地絡、3線地絡について理解する。
05.相座標法(1)
  相座標による故障解析について理解する。(1)
06.相座標法(2)
  相座標による故障解析について理解する。(2)
07.単相分布定数回路の一般解
  電力回路の進行波の基本方程式である単相分布定数回路の電圧・電流方程式について理解する。
08.単相分布定数回路の伝搬定数と特性インピーダンス
  伝搬定数と特性インピーダンスについて理解する。
09.多導線系の分布定数回路の解析法
  電力回路の進行波解析のための多相線路の表現による多導線系の電圧・電流の定常解について理解する。
10.多導線系の進行波理論
  多導線系の進行波理論について理解する。
11.非撚架線路の伝搬定数と特性インピーダンス
  周波数特性を持つ非撚架線路の伝搬定数と特性インピーダンスについて理解する。
12.モード理論
  一般的な電力系統である多導線系の電圧・電流方程式へのモード理論の適用について理解する。
13.分布定数線路の過渡現象解析論
  電力系統に発生する過渡現象の解析理論としてベルジェロン法による抵抗、インダクタンス、キャパシタンス、分布定数線路の数値解
  析モデルついて理解する。
14.電力回路網の過渡現象解析
  ベルジェロン法による簡単な電力系統の解析法について理解する。 また、汎用電力系統解析プログラムEMTP(Electro-Magnetic
  Transients Program)の概要解説と解析例について理解し、電力系統の過渡現象解析を実践する。
 
授業運営 Course Management
授業計画に従い、授業時間毎に学ぶべき事項を解説する。これを受けて、事前に配布する資料について受講者がその要点をまとめた資料を作成し、輪講形式で発表する。
 
評価方法 Evaluation Method
解析モデルを正確に理解し、各種解析モデルの適用範囲および限界を把握した上で、与えられた解析目的に応じて適切な解析手法が適用できることが重要である。この観点から、輪講資料のとりまとめ内容、課題の達成度をプレゼンテーションにより評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜日2時限授業終了後の他、メールでも随時対応する。
メールアドレス:pt120354ff@kanagawa-u.ac.jp

 

参考書 Book (s) for Reference
関根泰次『電力系統過渡解析論』[オーム社]1984
関根泰次、雨谷昭弘『分布定数回路論』[コロナ社]1990
A.R.Hileman,Insulation Coordination for Power Systems,Marcel Dekker,1999

 
 
 
[前へ戻る]